看護師と腰痛

看護師と腰痛

看護師という職業は、激務が続くということは、よく言われることです。激務である上に、なかなかの肉体労働でもあります。体力があまりにもないという場合は、もしかすると、看護師の仕事を続けていくというのは、難しいことかもしれません。普段から、体力作りに心がけたりすることも、必要になってくることでしょう。

看護師という職業は、ある意味では、肉体労働的な部分も含まれてきます。どういうことかというと、例えば、患者さんの介助や移動などは、大きな体格の男性の患者さんなどの場合、かなりの体力が必要ということになります。もちろん、介助などには、そのやり方にコツがありますが、コツがあったとしても、体力や筋力も必要になります。もし、体力や筋力があまりにもなくて、大柄で体重のある患者さんの介助などをした場合、非常に無理な姿勢で、行うことになってしまいます。そうすると、腰を痛めてしまったり、あるいは、もともと腰が弱かったというような場合は、さらに悪化してしまったりというようなこともあります。腰を痛めてしまうと、ただ立っているだけとか、ただ歩いているだけというような、普段の生活にも支障が出てきかねません。その上、激務が続いて、なかなか治療にいけなかったり、ほおっておいたりした場合は、悪化する一方になってしまいます。看護師の場合は、腰痛に十分注意するようにしましょう。

例えば、毎日の体力作りや、筋力作りを忘れないようにするなども、大切なことになりますが、実際には、仕事で帰ってきて、疲れている上に、さらに体力づくりや筋力作りというのは、なかなか難しい面があると思います。ですから、仕事の中で、腰痛を起こさないようなからだの使いに気をつけるというのも、腰痛を悪化させない、または、腰痛を回避させる一つの方法になります。

患者さんを介助するときのポイントとしては、いくつかあります。たとえば、「両足が揃った状態で介助しない」ということです。これは、足の幅を広めにとる、片足を一本前に出した状態で、介助をすると、もともと腰が安定して、全身も安定してくるために、介助が非常にしやすくなります。結果として、腰を痛めなくなるのです。それから、「物を下から持ち上げる際、膝を伸ばした状態で股関節の運動だけにしない」というのもポイントです。膝の屈伸運動を十分に使って持ち上げると、腰を痛めなくなります。このようなことに気をつけながら仕事をすると、腰を痛めなくて済みます。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.