看護師の夜勤手当

看護師の夜勤手当

看護師のお給料というのは、一般的に高給というイメージがあります。もちろん、医療機関や病院によって、またその規模や、民間の病院か公立の病院かなどによって、お給料の額は変わってきます。看護師のお給料というのは、基本給のほかに、夜勤手当というものがつきます。もちろんこれは、夜勤をしたときの手当ですから、夜勤をしていない、あるいは夜勤がないような医療機関や病院に勤めているときというのは、当然夜勤手当はありません。

一般的に、看護婦に限ったことではなく、夜間の仕事というのは、昼間の仕事よりお給料がいいということになっています。これは、アルバイトでも、正社員でも、夜勤手当がつくためです。ただし、夜間に仕事をするというのは、体調管理が難しく、慣れた人でも、非常につらいと感じる人もいるようですので、一概にお給料がいいからといって、夜間の仕事を希望するというのも考えものです。逆に、やはり、看護師などでも、夜勤は手当やお給料がいいので、進んで夜勤のアルバイトをしているという人も中にはいます。

看護師の夜勤手当というのは、一体いくらくらいなのでしょうか。夜勤手当の金額は、求人情報のお給料の欄に、出ていることが多いですので、そういうものをしっかりと確認していくようにしましょう。また、転職を考えている医療機関や病院が、夜勤手当の金額を求人情報に掲載してあいないなどの場合は、必ず、予め確認しておいたほうがいいでしょう。

一般的には、正看護婦の場合は、夜勤手当は、1回に4000円〜6000円程度といわれています。これは、あくまでも一般的な金額ですので、各医療機関や病院によって違ってきます。4000円から6000円という金額は、三交代せいのシフトを組んでいる医療機関や病院の場合の金額で、三交代制の場合は、だいたい、ひと月に8回くらいは夜勤があるようになっているところが多いようです。ただし、勤務に関しては、希望を伝えることも可能なところもあります。

また、看護師の場合、夜勤のアルバイトというものもあります。看護師の夜勤のアルバイトの場合は、一度の勤務で、二万円〜三万円になるところが多いようです。ただし、非常に大変であったり、一人でこなさなくてはならなかったりということもあります夜勤は、実際にやってみると、想像以上に大変ですので、あまり夜勤手当がいいからとお金のことばかりを考えるよりは、むしろ自分の体調をしっかり管理して、仕事を続けることを考えたほうがいい場合もあります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.