看護師の夜勤の給料

看護師の夜勤の給料

看護師という仕事で、よく言われることは、休みがほかの人とはなかなか合わないということです。病人やけが人は、365日、24時間病院に来ますし、入院中の患者さんもいます。ですから、確かに、看護師という仕事は、365日24時間の仕事といっていいでしょう。もちろん、365日24時間、病院などの医療機関を運営し、患者さんに対応していくために、医師も看護師も、そして、病院や医療機関に勤務する全員が、夜であっても休日であっても対応できるような態勢をとっています。そのために、看護師には、夜勤といって、深夜の時間帯から早朝まで勤務する人と、日勤といって、昼間の時間に勤務をする人が、交代でシフトを組みながら、患者さんの対応をするということになります。

この、夜勤というのは、やはり、看護師の仕事としても、大変な仕事の一つでもあります。もちろん、夜勤がないという医療機関もありますので、自分の仕事の仕方として、あるいは家族の事情で夜間の勤務は不可能という場合は、夜勤がない医療機関に就職するというのも一つの方法ですし、夜勤のあり・なしは、大きな勤務条件の一つとして、就職活動中の多くの看護師たちが気にする部分でもあります。しかし、やや大きめの病院などであれば、夜勤は避けられない看護師の仕事だと思ってもいいと思います。そして、夜勤のお給料を調べてみると、やはり大変なだけに、お給料面でも、非常にいい場合があります。

中には、一回の夜勤で、3万円もの手当てがつくという医療機関もあるようです。しかし、高額の手当てというのは、ただ単に高額なのではなく、例えば、夜勤を一人でこなさなくてはならず、夜間の仕事をすべて担当することになっていたり、あるいは、夜勤を一人で子なるというのは極端な例としても、担当するベット数が、非常に多かったりするなど、高額な夜間手当なりの理由があります。ですから、夜勤が高額なので、待遇がいいとは、まずいい切ることはできません。大抵の場合は、夜勤と日勤は、シフト制になっており、ひと月の夜勤手当などは、平均して3〜5万円程度というデータがあります。確かに、日勤に比べると、割のいい仕事ではありますが、夜勤は、いわゆる昼と夜が逆転した勤務体制のため、自分自身の体調管理や昼間の時間に、しっかりと睡眠時間をとるなど、勤務時間外のプライベートな時間にも影響が出てくる勤務体制であることを忘れずにいましょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.