看護師の貯金

看護師の貯金

看護師というのは、比較的、高給料の職業という印象があります。看護師の平均月収は32万円程度などとなっており、キャリアを積んだ看護師であれば、もちろんそれ以上のお給料をもらっていますし、中には、年収1000万円の看護師もいるということです。では、看護師になると、どれくらいの貯金ができるものなのでしょうか。

まあ、貯金というのは、必ずしも収入が多いから貯金ができるといものでもないとは思いますが、一般的に、仕事をしている女性の場合は、看護師に限らず、30歳くらいになると、だいたい300万円〜500万円くらいの貯金がある人が比較的多いようです。これは、看護師に限ったことではありませんで、中には、看護師をしていて、30歳で1000万円の貯金があるという人もいるようです。貯金をうまく食べられるかどうかは、収入がいくらくらいかということにもよりますが、もうひとつ、どういうお金の使い方をしているかということにもよります。また、貯金をしっかりしているという看護師を見てみると、やはり、社宅住まいであったり、寮に住んでいたり、実家に住んでいたりと、住宅関係の出費が少ない方が多いようです。居住費があまりかからないと、その分、しっかりと貯金ができるということになると思います。

看護師の貯金の平均は、300万円〜500万円ですが、勤続年数が10年の看護師を見てみると、貯金額が、100万円未満の人もいれば、1000万円以上の人もいるというのが現実です。ただ、全体的な看護師の貯金に関していうと、多くの人が、堅実に貯金をしているといえます。収入がよくて仕事が忙しいと、なかなかお金を使う機会がないというのも、現実にはあると思いますが、やはり将来のために、少しづつきっちりと貯めているというのが多くの看護師のようです。

看護師のような、高収入の仕事の場合は、若いころから、着実に貯金をためて、結婚資金としたり、あるいは、結婚後の住宅購入費用にしたりと、さまざまな将来に備えることができます。また、結婚後、配偶者の収入で生活をしているという場合は、看護師としての収入の多くを、貯金することも可能になります。若いころから、少しずつ貯めて、貯蓄計画を、きっちりと作っておけば、急な出費のときも、いざというときも安心ですし、将来の子育てなども、かなり楽になってくるのではないでしょうか。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.