看護師の給料の手取り

看護師の給料の手取り

実際に、看護師のお給料は、いくらくらいなのでしょうか。看護師になるまでには、まずは、国家試験という大きな関門がありますから、中には、国家試験のことばかり気になっていて、実際にお給料がいくらぐらいなのか、よく知らなかったという方もいるかもしれません。

たまに、テレビや新聞で、看護師の激務ぶりが報道されることがあります。夜間勤務などもあり、生活が不規則で一日中非常に忙しいという激務をこなしているので、相応のお給料をもらっている・・・・と思っている方もいれば、激務の割には、思いのほかお給料が安い・・・・・など、さまざま憶測されるかもしれません。実際に、他人のお給料というのは、とっても気になりますが、はっきりは分からないというのが、実情かもしれません。 実際に、看護師の手取りのお給料がいくらくらいなのかを見てみたいと思います。 厚生労働省では、毎年、「賃金構造基本統計調査」という調査を行っています。この調査によると、女性の正看護師の平均年収は、月々の基本給が32.3万円です。この基本給に、諸手当は3.5万円ほど加わります。ですから、月々のお給料は、だいたい35.8万円ということになります。

しかし、お給料は、その全額をもらうことができる額というわけではありません。社会保険や雇用保険、年金、そして税金などが、このお給料から引かれることになります。また、就職先によって、組合の費用やその他の積立金のようなものが、引かれることがあります。これらの、お給料から引かれる金額は、人によって、あるいは就職先によって違ってきます。そして、これらの金額を引いた金額のことを、俗に「手取り」といいます。 要するに、自分の銀行口座などに振り込まれ、実際に自分に支払われる金額を、「手取り」といいます。

ですから、就職先のお給料をチェックするときには、基本給と書かれている金額から、常に社会保険や雇用保険、そのほかの費用が、引かれることを念頭に置いておきましょう。また、男性で看護師としての就職を目指している方も、近年では増えてきています。男性の場合、正看護師の平均給料は、基本給が28万円になっています。そして、諸手当が3.2万円ですから、合計のお給料は、31.2万円です。そこから、保険や年金、税金などが引かれて、手取りの金額が決まります。

保険や年金、税金など、お給料から引かれる金額を控除額と言います。この控除額は人によって違いますが、大抵数万円になります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.