看護師の給料で高いのはいくらから?

看護師の給料で高いのはいくらから?

看護師のお給料は、高給だというイメージを持っている人も多いことと思います。実際に、高給といっても、いくらくらいなのか、気になるところです。ただし、高給であるということのまえに、まず忘れてはいけないのは、看護師というのは、国家試験の合格者だけが就ける仕事で、やはり、多くの看護師資格を持っている方々は、この国家試験のために、かなりの時間を使って、勉強をしてきているということです。やはり、そういう意味では、だれでもがすぐに就ける仕事ではありません。

そして、高給といっても、看護師の仕事は、非常に忙しく、ハードであることも、このお給料には反映されていることを、忘れずにいましょう。よく効くことではありますが、夜勤などもあり、生活が比較的不規則になりがちなのも、看護師という職業では、仕方のないことです。

たまに、報道などで、看護師のお給料は、激務の割には、割に合わないほど安いと、指摘されることもありますが、その金額だけみれば、看護師というのは、やはり、お給料が高額といっても間違いはないと思います。しかし、看護師のお給料は、その医療機関によって、かなり差があるというのも、一つの現実です。

看護師が務める医療機関というのは、いくつかの種類があります。大きく分けると、病院の規模で、大規模な病院、中規模の病院、小規模の病院ということです。また、大規模の病院には、公立病院もありますし、大学病院のような医療機関もあります。公立病院の看護師の場合は、看護師といっても、公務員ということになります。

従業員が1000人を超えるような、大規模の病院は、やはり、看護師の給料もいいということになります。女性の正看護師の平均年収は、505.1万円となっており、月々のお給料の平均が33.8万円ですから、看護師長など、キャリアを積んだ看護師ともなれば、それ以上の年収や給与をもらっているということになります。年収が1000万円を超えるという、高額給与の看護師もいるともいわれています。

だれでも、どんな職業でも、自分より高額のお給料をもらっている人のことは気になるかもしれません。ただし、それほどの高額の給与をうけている看護師というのは、それほど多いわけではありません。確かに、一般的には看護師の給与は高いほうではありますが、仕事内容なども考え、給与金額のみで、勤務先を決めるというのは、必ずしも正しい就職先の選択の仕方ではないことを、頭の中に入れておきましょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.