看護師の初任給(年収)

看護師の初任給(年収)

看護師のお給料というのは、一般的には、非常に高額であるというイメージがあると思います。平均額を見てみると、女性の看護師の平均給与は約32.3万円というデータがあります。確かに、この平均給与を知ると、非常に高額だといえると思いますし、実際に、毎月のお給料が35万円を超えるような、いわば高額の看護師求人も、最近は増えてきているようです。

しかし、もちろん、看護師になりたての1年目から、32万円などの給料をもらえるというわけではありません。この、女性看護師の平均給料32.2万円というのは、キャリアを何年も積んだ、看護師長などの給与も含まれたデータで、大体、勤務6〜7年ていどの、経験がある看護師の場合ということになります。

どんな仕事でもそうですが、初任給は、いってみればその勤務地での仕事の経験が初めての人に支払われる金額ですが、平均金額よりずっと安く設定されています。たとえば、いくつかの医療機関の初任給の例をあげてみましょう。

看護師の専門学校を卒業し、ベッド数1000床ほどの、比較的大規模な県立の総合病院に就職した場合、初任給は、27万円程度になります。この金額には、夜勤などの各種手当が含まれています。そして、看護師1年目の年収は、430万円以上となります。ただし、この27万円というのは、正看護師の場合であって、準看護師の場合は、初任給は、基本給が17万円程度になります。そして、この基本給に、夜勤などの各種手当が加わります。ただし、県立病院に勤務するには、健の職員採用試験、要するに公務員試験に合格する必要があります。初任給で27万円というのは、なかなかいい給与だと思いますが、看護師になるために国家試験のほかに、公務員試験もクリアしなければなりませんので、ハードルがさらに高くなるとも言えるでしょう。

また、一方では、高校の衛生看護学科を卒業し、そのご専攻科で2年間勉強し、看護師の国家試験に合格して病院に勤めた場合、初任給は18万円程度となります。この場合は、看護師になった1年目の年収は、300万円を下回る場合もあります。けして、それほど高額という給与ではないと思われる方もいるかもしれません。また、看護大学などで学び、大学を卒業した後に看護師になった場合は、初任給が20万円程度となっています。高卒と大卒では、給与体系も違ってくるというのが、看護師の世界でもあり、また、現実でもあります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.