特定看護師のメリットと問題点

特定看護師のメリットと問題点

特定看護師のメリットや問題点には一体どんなものがあるのでしょうか。特定看護師は画期的な制度として大変注目を集めていますが、変化する事が大きい分問題点も多く挙がっているようです。そのあたりの事についてここではお話していきましょう。

現在日本の医療は医師不足という大きな問題を抱えています。他の先進国と比較してみると、日本の患者に対しての医師の数は少なすぎると言わざるを得ません。勿論政府は何もしていない訳では無く、医学部定員を増員するなどのさまざまな対策をとりはじめています。しかし医師の数を増やすだけでは足りず現在でも日本各地で休止へ追い込まれてしまう診療科や病院が出てしまっています。

そんな中注目されているのが"チーム医療"です。これは医師不足だけを捉えて問題を考えるのではなく、ひとつの医療チームの役割分担を見直し今よりもっと効率的なチーム医療をしていこうという考えで、特定看護師の制度化はこのチーム医療の効率を大きく上昇させるのではないかという期待も持たれています。知識と経験を持った特定看護師が医師の業務の一部を行なえるようになれば、夜勤の当直の医師の負担軽減にもなりますし、救急の現場などでも負担を軽減させる事が出来るようになると思います。

しかし看護師が特定の医療行為を行なうという点に疑問を持つ方も多くいます。例えば特定看護師が本格的に導入され、何らかの処置を患者に行なうとします。それで患者の容態が安定したり怪我の回復につながれば良いですが、何か問題が起こった場合は誰が責任をとるのでしょうか。看護師にそこまで重い責任を課しても良いのかどうかというのも考え所ですよね。更に病院やクリニックでは医師や看護師だけではなく、薬剤師や放射線技師などもいます。そうした方達の中には医師ではなく特定看護師に指示される事を嫌がる人も居るかもしれません。そうなると先程メリットとして挙げたチーム医療にも疑問が出てきてしまいますよね。

更に特定看護師の資格を取得する為には大学院で専門コースを受けなければならないのです。大学院に行く為には大学を出なくてはいけないですし、専門学校や短大を卒業している人も多い看護師にとってはなかなかハードルの高い資格となってしまうという事も考えられます。このように特定看護師には多くのメリットがある分多くの問題点があります。この制度が最善の形で導入されるにはまだもう少し時間がかかるかもしれませんね。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.