滋賀県の能登川病院の求人の口コミ・評判

能登川病院

病院名能登川病院
住所滋賀県東近江市猪子町191
電話番号0748-42-1333
無料求人登録http://www.recruit-nb.jp/
診療科目内科 、 神経内科 、 消化器科 、 循環器科 、 小児科 、 外科 、 整形外科 、 眼科 、 耳鼻咽喉科 、 リハビリテーション科


大きな地図で見る


(※)能登川病院の求人情報を知りたい方は、まずはナースフルに登録されてみて下さい。能登川病院の現在の求人情報の提供をはじめ、実際に転職する際の履歴書作成や面接日時の設定、給与条件交渉、面接当日の同行、就職後のアフターフォローまで専任コンサルタントが全て無料でサポートします。まずは1分でできる無料登録から始めましょう!【無料登録はコチラ】(能登川病院以外の高待遇の病院も幅広く無料で検索できるようになります。)

【看護師関連コラム】看護師と感染症科

「人類の歴史は感染症と共にある」「医学の歴史は感染症に始まった」と言われるように感染症は人間の病気の大部分を占め人々の健康を脅かしてきた。抗生物質ペニシリンが発明されるまで感染症の根本的な治療法はなく、それまで感染症は災害ととらえられてきた。治療や防除する手立てもなく、ひれ伏す人命をひたすらに奪っていく感染症は確かに津波や火砕流に通じるものがある。

感染症は医学とともに研究が積重ねられ治療や防疫対策が発展してきたが、世界全体を見てみる感染症による人類の死因は約25%以上にものぼる。 神経細胞医療技術が飛躍的に進化し様々な新薬の開発が進む現代においても、未だ医学と感染症との闘いは続いている。

感染症とは寄生虫、細菌、真菌、ウィルスなどの病原体の感染による病気で、その種類や感染源、感染経路は無数にあると言ってもよいほど幅広い。一般的な感染症としては肺炎、腸炎、膀胱炎などがあり、社会問題となる結核やHIV、海外で遭遇するマラリア、一過性のものにはインフルエンザなどがある。食品、動物、虫、水辺、土壌など身近な生活環境が感染症の媒介となることもある。

感染症は感染してから何日間かの潜伏期間を経て症状が表面化してくる。感染すると多くの場合、発熱、腹痛、体調不良を訴える症状が出るが、抗生物質が開発され医学が進歩した現代においても適切な診断と診療が行われなければ死に至る危険性がある。こうした感染症は発展途上国での感染・発症・死亡が止まらないだけでなく先進国においてもまだその恐怖に打ち勝つことはできていない。

 医学が日進月歩している傍らで、病原菌やウィルスも進化の速度を緩めることはない。今後も続く闘いの中、前に進むことをやめたいずれかが全てを支配するのかもしれない。



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.