専門看護師の分野

専門看護師の分野

専門看護師とは「困難な問題が沢山起こる可能性のある分野で確かな技術と知識を持ち、優れた看護が出来る看護師」の事です。日本看護協会に認定されて初めて専門看護師と名乗る事が出来るようになります。いわば特定の分野における看護のスペシャリストという訳なんですね。そんな専門看護師の分野には一体どんなものがあるのでしょうか。少し紹介していきましょう。

現在専門看護師は10の分野に分けられています。がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援看護です。この分野ひとつひとつに掲げている目標や特徴があります。がん看護の特徴は患者さんの身体的な苦痛や精神的な苦痛を理解して、患者さんやそのご家族に対して生活の視点に立った水準の高い看護を提供する事です。精神看護では精神疾患を抱えている患者さんに対して高度な看護を提供したり、更に一般病院でも心のケアを行なうリエゾン精神看護の役割を提供する事を特徴としています。地域看護では産業保健や学校保健や保健行政や在宅ケアのいずれかの領域において水準の高い看護を提供する事、そして地域の保健医療福祉の発展に貢献する事が特徴として挙げられています。

このように専門看護師の各分野にはそれぞれ特徴があるのです。高度化し細分化しそして複雑化していく日本の医療の中で、特定の分野の知識と技術を身に付けた特定看護師の需要はどんどん伸びていく事でしょう。また、この制度は看護師自体の意識の向上にも貢献していると思います。これから看護師になろうと思っている若い世代の人達にも刺激になりますし、専門看護師が出来た事で看護師になろうと思う男性なども増加するかもしれません。また、既に看護師として働いている方が、今よりもっと看護師としての力を上げたいと思い専門看護師を目指す可能性も多いにありえます。専門看護師になる為には幾つかの厳しい条件がありますが、それでもなりたいという意識こそが看護業界全体の意識の向上につながっていくような気がするんですよね。

細分化された看護師の分野ですが、そのひとつひとつがなくてはならない重要なものです。知識や技術が高い看護師さんが病棟に一人居るだけでも、その他の看護師も安心出来ますし、患者さんも安心して看護をして貰う事が出来るのではないでしょうか。需要が高い専門看護師だけに、今後も分野が増えてくる可能性も考えられます。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.