専門看護師の受験資格

専門看護師の受験資格

専門看護師になると特定の分野に対しての知識や技術が向上するのは勿論、職場の待遇が良くなる事も十分に考えられます。自らの意識の向上と収入のアップを同時に行なえる専門看護師は大変魅力的な資格です。なりたいと思っている方は多く居る事でしょう。しかし専門看護師は誰でも好きなように取れる資格ではありません。受験資格がしっかりと設けられています。

まず、専門看護師になる為には保健師か助産師か看護師のどれかの免許を持っていなければなりません。そして修士課程を修了する事と実務経験がある事も受験資格の条件には入っています。つまり看護系大学大学院修士課程で専門看護師教育課程基準の決められた単位を取得し、看護の実務経験が5年以上、その内の3年以上は認定を希望している分野の経験で、更にその内の1年以上は専門看護師教育課程修了後の経験でなければなりません。専門看護師の受験資格はなかなかハードルが高いのです。しかしそれは当然の事と言えば当然の事ですよね。専門看護師として知識を深める分野と言うのは、非常に重要性が高かったり、生命の危機に遭遇する機会が多い分野でもあります。中途半端な意識や知識や技術では患者さんは安心して治療を受ける事が出来ませんし、医師も専門看護師を信頼して任務を任せる事が出来ません。ハードルの高い受験資格を乗り越えてくるような精神力がなければ専門看護師として認定する事は出来ないとも言えるのです。認定は日本看護協会が毎年1度行なっています。因みに専門看護師教育課程では所定の26単位を修得していれば受験可能という事になります。26単位取得出来ていない場合は追加履修が必要になってきます。

将来的に絶対に専門看護師になりたいと思っている方は、専門看護師教育課程のある大学院を選ぶようにしましょう。専門看護師教育機関とその課程一覧は日本看護協会のホームページに行けば見る事が出来ます。現在の教育機関は68大学院で171課程となっています。まだ大学院を探している段階の方はまずそちらで自分の目指している分野の教育課程がどの大学院にあるのかという事を知っておきましょう。

晴れて専門看護師の受験資格を満たしたら、審査を受け合格し是非専門看護師の認定証を貰って下さい。そして専門分野でその実力を存分に発揮して下さい。専門看護師はそのレベルを保つために5年に1度更新を行なっていますので、レベルを保つ為にはやはり第一線で活躍し続ける事が望ましいでしょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.