専門看護師の転職のポイント

専門看護師の転職のポイント

専門看護師になる為には、看護系大学大学院へ必ず行かなければなりません。さらにそれだけではなく実務経験が5年以上、そしてその内の通算3年以上は認定を希望している分野での経験でなくてはなりません。現在日本には数多くの看護師が居ますが、専門看護師として活躍している看護師はごく僅かです。それだけ専門看護師になるというのは難しい事であり、熱意が必要な事でもあります。そんな専門看護師が転職をしようとなった時のポイントなどはあるのでしょうか。

特定の分野において優れた知識と技術を持っている専門看護師は、大きな病院になればなるほど需要が高くなると言えるかもしれません。クリニックなどで働く事も勿論可能ですが、専門看護師として培ってきた経験や知識を最大限活かす為にはその分野の治療を行なっている大病院への転職がひとつのポイントになると思います。

専門看護師は一度資格を取得してしまえばそれで終わりというものではありません。日々勉強の毎日ですし、技術と知識のレベルを保つため5年ごとに更新制度が設けられています。(実績報告書などを提出し、審査を受ける)こうした事を考えると、やはり最先端の技術のある大病院に勤務をしたいところですよね。病院によっては教育体制をかなりしっかり整えてくれているところもあります。

しかし専門看護師として現在の病院で働きながら転職活動をするというのはなかなか難しいのです。何故かと言いますと専門看護師は非常に多忙だからです。その分野に特化したスペシャリストですから行なう事は沢山ありますし、病院側も患者さん側もそれを求めて来ます。なので働きながら自分一人で転職活動を行なうというのはなかなか厳しいものがあります。だからと言って不満がある職場にとどまり続けるのはいかがなものかと思います。「もっと専門看護医師としての力を発揮出来る場所があるはず」「もっと条件の良い病院が必ずあるはず」と考えているのならば、是非諦めずにそういった病院を見つけて下さい。あまり無理をしすぎると自分の身体を壊してしまいますからね。

多忙な専門看護師ですがその分需要は相当なものです。経験と技術などによっては条件もかなり良くしてくれる病院もあるでしょう。自分一人で転職活動を行なうのが厳しいと思った時は、専門看護師の転職をサポートしてくれる転職支援サイト等を利用してみて下さい。忙しいあなたのかわりに熟練したコンサルタントが条件の良い転職先を見つけて来てくれるでしょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.