専門看護師のがん看護

専門看護師のがん看護

専門看護師は多くの分野に枝分かれしています。精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性看護、クリティカルケア看護、感染看護、家族看護、そして今回詳しくお話していくがん看護という分野があります。専門看護師が行なうがん看護の教育目標は、がんに関する専門的な知識を深め、的確な臨床判断と熟練した高い技術を使い、がん患者またはその家族に対して看護を実践する事が出来る事、そして社会に対してがんの予防や早期発見の為の教育や啓発ならびに相談活動が出来る事、医療・看護職者に対してがん看護に関しての教育や相談活動が出来る事、がん患者を取り巻いている医療の提供システムを調整する事が出来る事、がん患者の人権を守る為に適切な倫理判断をして、その判断にのっとった態度と行動をとる事が出来る事、そして最後にがん看護に関しての専門的な知識や技術を深める為の研究を積極的に行なう事が出来る事となっています。

がんは昭和56年(1981年)からずっと日本の死因の第1位です。長い間多くの研究がなされ、さまざまな対策がとられてきていますが完全に治せるという特効薬は未だに開発されていません。部位別の死亡率では男性が肺・胃・肝臓、女性が肺・胃・結腸となっています。現在も多くの方が"がん"という病気と闘っています。そんな患者さん達を最大限サポートする為に誕生したのが、がん看護という専門看護師の分野です。がんという病気は本人の精神力も勿論ですが、その家族や周りの方々の精神力も恐ろしいほどに削っていきます。抗がん剤治療では激しい副作用が起こり、患者は脱毛、吐き気、嘔吐、汎血球減少に苦しみます。良くなったと思っても再発する可能性も否定出来ません。患者とその家族ががんと向き合って行く為には、医師や看護師のサポートが必要不可欠です。専門看護師のがん看護の分野はこれまでもそしてこれからも非常に大きな役割を果たし続ける事でしょう。

がん看護の専門看護師になる為には、がん看護の教育課程を設けている大学院へ行かなければなりません。日本看護協会のサイトに行けばどの大学院にあるかどうかが調べられますので、がん看護に興味を持っているという方は是非一度見に行かれてみてはいかがでしょうか。因みに現在、がん看護専門看護師は全国に327名居ます。がんに関する知識や技術を深め、今後の日本の医療に貢献していく事は非常に意味のある事なのではないかと思います。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.