老人ホーム看護師の役割は?

老人ホーム看護師の役割は?

老人ホームで働く看護師の役割とは、第一に生活を前提とした看護である事が基本となります。 つまりそれは、老人ホームでの看護師の仕事であり、役目というのが、高齢者の方々との長期的にかかわり生活ニーズを優先させることのできる看護であり、日常生活の中で必要とされる看護がこの老人ホームでは必要となると言う事なのです。 更に、「老人ホームという集団生活の場では、常に予防を意識した看護も要する」事となり、高齢者それぞれの健康状態の維持や集団感染の予防等を意識した看護が必要であり、それがまた、老人ホーム看護師の役割でもあります。

これらを踏まえ老人ホーム看護師の役割をきちんと認識し、転職を検討される場合はじっくりと考えていく必要がありますが、老人ホームで働く老人ホーム看護師においての役割は、あくまで生活の延長線上にある自然な看護といえるものです。 また、老人ホームの看護師と言う立場を選択する場合、忘れてはいけないのが、これらの役割に加え、そこにいる看護師は、介護職員を助ける役割も担っているので、介護職員同様の仕事も老人ホームと言う環境には必要になると言えるのです。

こうした役割を担う老人ホーム看護師の仕事というのは、非常に過酷且つ多忙な業務となりますが、その分高齢者の関わりの中には、その看護職へのやりがいも大きく感じられる仕事でもあります。

老人ホーム看護師は、この他、老人ホーム=集団施設と言う事になりますので、感染症の対策をはじめ、介護における事故の発生の防止も行い、施設自体の体制作り等へも関わっていく事も必要となります。 また、老人ホーム看護師は、地域への情報発信の役目も担います。 このように、老人ホーム看護師職と言うのは、非常に担う役割も多く、大変な業務ではありますが、その分仕事へのやりがいも感じられる看護職である事から、看護師さんの中には、老人ホーム看護師として転職される方も少なくありません。

このように、老人ホーム看護師に必要とされる看護の役割とは、何より高齢者の方々の生活を前提とした看護と言う事なので、高齢者の方々の生活ニーズを優先させた看護を行うと言う事が大切で、日常生活で必要な看護及び予防を意識する看護を行う事が重要なのです。 しかしながら、その環境における業務の中身は、施設により異なるので、老人ホーム看護師職を目指す場合の施設選びには、求人をより多く収集し、慎重に比較、検討される事が重要です。

■ 老人ホームの看護師関連メニュー
老人ホーム看護師の役割は? 老人ホーム看護師の給料相場は? 老人ホーム看護師の転職のコツ
老人ホーム看護師の募集先 老人ホーム看護師の仕事内容 老人ホーム看護師の医療行為


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.