老人ホーム看護師の医療行為

老人ホーム看護師の医療行為

老人ホームは、そもそも医療施設ではないので、その場で看護師が医療行為をすることはありません。 ですから、通常は、他医療機関の医師が定期的に往診にくる。 また、その医師には必ずその医療機関の看護師がついてくるものなので、医療行為やドクターのサポートは、その医療機関から来た看護師がする事になります。

ですから、老人ホームで働く看護師は、医療行為等はせず、高齢者のみなさんが服用される服薬管理である事とか、バイタルチェック等を行い、健康に伴う悩み、相談等を高齢者の方々から受けるなどして、高齢者の健康を見守り、日々の変化等も看護師の知識を活かし見守ると言う事になります。

ただし、老人ホームは、医療施設とは言わないものの、高齢者のみなさんが生活をする場ですので、中には認知症が重度になってしまったり、疾病が重度化と言う場合もありますので、医療行為はしない環境とは言え、それに伴う業務は行います。 また、それが今の老人ホームの現状であるとも考えられます。

いずれにしても看護師は医師の指示なく勝手に医療行為はできませんので、老人ホームと言う施設でも当然、医師の指示が無ければ医療行為は看護師には出来ません。 しかしながら、医師の指示があれば当然、その老人ホーム施設の所属でない場合でも看護師が医療行為を行う事は可能ですが、あくまで医師の指示が前提ですから、老人ホーム看護師でも医師の指示が無い場合は医療行為を勝手に行う事ができないというのが基本です。

ただ、状況的にそれができない場合に高齢者の方が何らかの症状を悪化させた場合、それに伴う処置は当然そこに存在する看護師の役目であり、そうした状況も現実的にないとは言えません。 老人ホーム等、高齢者施設では、医療行為と言われるものの中に、経管栄養やインシュリンの投与、透析、痰吸引や在宅酸素等が考えられますが、こうした医療行為は、看護師は医師の指示のもと行う事のできる医療行為ということになりますが、例えば、血圧測定、もしくは心拍数の測定や記録等は、医療行為とはされていない事なので、老人施設のスタッフ等も行う事ができる行為となります。

老人ホーム看護師の医療行為は、先に紹介するように、経管栄養等の花等から直接栄養を流し込む等の行為となりますが、いずれにせよ、医師の指示が無ければ看護師はできないもので、法律的には勝手に行う事は違法となります。 老人ホームでは、有料か否かにより又そのサービス内容も異なりますし、尚且つ健康管理以上の医療行為を受けられる施設は、殆どありません。 施設により施設自体に医療機関が提携しており、そちらの看護師が医師の指示のもと医療行為を医師の指示に従い行うと言う事が一般となります。

■ 老人ホームの看護師関連メニュー
老人ホーム看護師の役割は? 老人ホーム看護師の給料相場は? 老人ホーム看護師の転職のコツ
老人ホーム看護師の募集先 老人ホーム看護師の仕事内容 老人ホーム看護師の医療行為


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.