看護師転職の履歴書

看護師転職の履歴書

どんな仕事であっても、転職や就職をするときというのは、まず自分の希望に合った就職先を探し、求人に応募をします。そして、履歴書などを、求人先に提出することになります。この履歴書は、転職活動を成功させる大きなキーポイントでもありますので、きちんと書かなければいけませんし、きちんと書くだけではなく、自分をアピールし、印象付けるための大切なツールとなります。ただの紙一枚の提出物とは思わずに、この紙一枚で、自分を十二分にアピールできるようにしましょう。

まず、一般的な履歴書は、いくつかに欄が分かれています。氏名や住所など、基本的な個人情報を記す欄、写真を張り付ける欄、学歴や職歴を書く欄、資格や免許について書く欄、志望動機を書く欄、などになります。この履歴書は、希望する医療機関や病院などに採用されるための、最初の第一歩ですが、採用担当者にとってみれば、この履歴書一枚を見ただけで、応募者の性格や、仕事をする際の態度や意欲なども分かるという方もいるくらい、大切なものです。まず、たった一枚の紙ですが、全体をとおして、丁寧な字で書くというのが、大前提になります。走り書きであったり、極端に汚い字であったりというのは、やはりいい印象は持たれません。字の上手い下手は、個人のよって様々あると思いますが、字を書くのが苦手だという方でも、丁寧に書くことはできるはずです。採用担当者が読むのに苦労するような、乱れた字などは、書かないようにしましょう。また、写真も必ず貼り付けますが、あまり昔の写真や、転職活動に向かないような服装で撮影した写真などは、履歴書には不向きになります。転職活動に向いた、ビジネス向けの格好で撮影した写真を使用するようにしましょう。

そして、学歴や職歴を書く欄では、看護師の場合は、どちらの学校で看護のべんきょうをしたのか、そして、これまでどのような職場で、どのような仕事の経験をしてきたのかを、採用担当者が確認をする欄になります。誤りなく、これまでの経験や経歴を記しましょう。また、特にアピールしたい経歴がある場合などは、別の欄に書くスペースがあります。 志望動機を書く欄は、履歴書の中では、それほど大きい欄ではありませんが、採用担当者にとっては、非常に意味のある欄でもあります。なぜこの職場を希望したのかなどを、具体的に書くと、採用担当者に伝わるのではないかと思います。また、ありきたりな志望動機ではなく、自分らしい志望動機を具体的に書くようにしましょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.