公務員看護師への転職の方法

公務員看護師への転職の方法

看護師の資格の中で正看護師は、国家資格であり、資格取得後は個人医院やクリニック、診療所などの小規模な医療機関に就職する人もいれば、大学病院や総合病院などの大規模な病院に就職する人もいます。看護師として就職または転職する場合に、民間の医療機関に就職するのが良いのか、それとも公立の医療機関が良いのか迷う人も多いようです。

公務員だと給料や勤務スケジュールが安定して働きやすくて長い目で見れば安心と思い、公務員看護師として就職・転職を希望するナースも増えています。厳密に言えば、公務員は、公立の学校の教師や消防士、裁判所事務官、国税専門官など公共機関にて勤務する人のことを指し、国家資格の看護師資格を有する人であっても、勤務している職場が公立病院などの公共の機関以外で私立病院やクリニックなどに勤務している場合は、看護師は公務員ではないものとみなされる場合があります。

ここでは、公立病院の看護師に転職する方法について、考えていきたいと思います。公立病院の看護師求人は、ナース求人募集サイトに多数掲載されていますが、どの求人情報も応募者が多いため、採用されるには競争率が高くなることもあります。求人サイトによっては、特定の医療機関に応募者が殺到することを避けて、非公開求人にて専任コンサルタントから直接紹介が受けられる場合もあります。

ただし、公立病院は私立病院に比べて、給与面や福利厚生などの待遇が良いとは限りません。採用試験の競争倍率が高い割には、待遇がいまひとつだという職場もあるようです。 公務員看護師として働くメリットをあげると、新卒で就職して定年まで勤務した場合、もしくは勤務年数か長い場合は、昇給や退職金などの面で待遇が良いということでしょう。 もうひとつには、公務員看護師ということで、患者にとっては信頼感が得られるということです。

公務員看護師に転職するには、競争率が高い分、看護師としての経験を積み、スキルアップを図ることで有利になることもあります。認定看護師や専門看護師の資格を取得するのも良い選択です。公務員看護師を目指すことについて、損得勘定で考えていたのでは、良い転職にはつながりません。公務員看護師として、入職後にどのような役割・任務を果たすべきか念頭に置いて、その使命をまっとうすることです。公務員看護師を目指す人は、看護師転職サイトに登録して、専任コンサルタントにご相談の上、応募すると良いでしょう。

■公務員看護師の関連コラム
公務員看護師の給料
公務員看護師の退職金
公務員看護師の年齢制限
公務員看護師のメリット
公務員看護師のデメリット


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.