認定看護師と専門看護師の違い

認定看護師と専門看護師の違い

看護師の種類には、認定看護師の他に、専門看護師というものもあります。これは、どのように違うのか分からないという方もいるでしょう。認定看護師と専門看護師の違いを、ここでは、簡単にご説明したいと思います。まず、簡単に説明をすると、認定看護師というのは、特定の看護分野で熟練した技術と知識を持っている看護師のことです。

高い周囲準の看護の仕事をします。そして、専門看護師とは、個人や家族、集団に対して、水準の高い看護ケアを、効率よく行うために、特定の専門看護分野の知識や技術をもつ看護師のことです。専門看護師というのは、日本看護協会専門看護師認定試験に合格して、ある特定の専門看護分野の高い能力があることが認められた人になります。

個人や集団に対して高い看護を行うだけでなく、専門の看護分野において、看護職者を含むケア提供者に対してコンサルタントを行ったり、必要なケアが円滑に行われるように、保健医療福祉に携わる人々のコーディネーションをしたり、個人や集団の検地を守るために倫理的な問題の解決を図ったり、看護職者に対して、教育的な役割をはたしたり、専門知識や技術の向上や開発を図るために研究活動を行うなどが、専門看護師の仕事になります。

そして、専門看護師の分野には、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、慢性疾患看護、感染症看護の9つの分野があります。看護師としてキャリアアップを考える場合は、これらの資格を取ることもいいでしょう。

■専門看護師関連コラム
求人の探し方 転職のポイント 給料・年収 分野 学費 受験資格 実習 がん看護 精神看護

マイナビ看護師などの看護師転職サイト利用者の口コミ

★★★★★ (東京都・28歳女性)
専門看護師と認定看護師の違いは、大体分かっていたつもりでしたが、改めて聞かれると、きちんとは答えられない程度の知識でした。今、看護師をしていますが、これから将来のことを考えた時に、やはり、今のままでは続かないと思うので、何かしらのキャリアアップを考えたいと思います。

★★★★★ (茨城県・30歳女性)
今、転職を考えています。それも、これから先、ずっと、忙しい病院勤務を続けるのかと、ちょっと疑問に思ってしまったからです。ひとまず、リクルートナースバンクに登録しましたが、いろいろ見ているうちに、専門看護師などの資格を持っていればよかったと思うこともしばしばあります。

★★★★ (熊本県・34歳女性)
転職をする際に、認定看護師や専門看護師などの資格を持っていれば、かなり、いろいろな転職活動の際の選択肢ができるのだと、最近分かりました。これからのキャリアアップのためには、やはり、とっても大事な資格なのだと思います。今から、将来に備えて勉強しようと思います。




▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.