看護師の悩み

看護師の悩み

看護師の悩みは仕事の悩みからプライベートの悩み、転職の悩みなど様々です。当サイトに掲載するページ内のリンクで色々と参考にして頂きたいのですがこのページでは転職関連の看護師の悩みについて書いてみます。

職場環境や収入への不満、キャリアアップ、あるいは結婚・出産といった家庭の事情から、転職を考える看護師は実際に多くいらっしゃいます。

他の一般職に比べれば収入は高く、安定的と思われる看護師でも、中には生活のために副業を行う人もいます。単発の派遣やパートなどで現場外でも働いているのです。夜勤などが原因で睡眠障害に陥ってしまう人もいますが、副業で忙しく生活リズムが狂うことが原因となってしまうこともあるでしょう。しかし看護師は「命」を預かる仕事ですから、健康面には常に気を配らなければいけません。もし収入の問題やストレス過多などで働くのに辛いのであれば、確かに転職は1つ希望への道といえるかもしれません。

また看護師には、ずっと看護師として働く以外にもキャリアップの道があります。助産師などは特に人気が高く、看護師の資格や経験を活かしながら、スペシャリティを高めていける仕事です。助産師の中には、医療機関に所属せずに自身で開業する人もいるほどです。 看護師は女性の職場とも言われるように、女性が圧倒的に多くなっています。そのため避けられないのが「結婚」「出産」による環境変化です。ご主人の転勤で職場を変えなければいけなくなったり、あるいは出産で休暇を取得しなければいけなくなったり。事情は様々です。

出産の場合には、大病院などで出産・育児休暇を取得している看護師は常にいるような状態も珍しくありません。しかし休暇取得ではなく、一旦職場を離れなければ行けないということもあるでしょう。そして育児が落ち着き、「いざ職場復帰」と考えた時に、高く立ちふさがるのがブランクという壁です。

ブランクは採用する医療機関側から見て、やはり戦力値に疑問を抱かれてしまいます。人は忘れる生き物ですから、現場での仕事をスムーズに行えないのではないかという懸念を持たれるのです。あるいは法律・制度が変わり、新たに学ばせなければいけないことが増えているかもしれません。

もちろん中には、ブランクなど気にしないという医療機関もあります。それならすぐに転職が決りそう・・・と思うかもしれません。しかし今度は、看護師側に問題が生じるケースがあるのです。それが、ブランクによって「怖い」と感じてしまうこと。例えば採血などで多いのですが、医療行為は直接的に人と接することも多い為、ブランクによって恐怖感が生れてしまうことがあるのです。

しかし最近では、そういった型へ向けた研修なども行われています。しっかりした会社だと、医療分野を専門とした人材紹介会社が独自に登録した求職者へ研修を行ってくれることもあります。そうなれば、あとは自分の決断により「あと一歩」だけですね。 看護師の転職には、様々な不安や問題がつきまといます。しかしその多くは解決できることですので、諦めずに進んでいきましょう。

【看護師の職場での悩み】
燃え尽き症候群 重労働 陰口 認知症病棟 上司 点滴 嫌がらせ・いじめ 実習 精神科勤務
血液検査 リーダー業務 残業 医療事故 英語 ファーストレベル プリセプター制度

【看護師の日常生活での悩み】
出会い 妊娠 合コン 医師と看護師の恋愛(病院内恋愛) 有給休暇 彼氏 睡眠障害
育児と仕事の両立 副業 夜勤バイト


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.