看護師転職の悩み

看護師転職の悩み

仕事というのは、どんな職場であっても、続けていくと悩みが出てくるものです、高給といわれる看護師の職場でも、様々な悩みがありますし、実際に、さまざまな悩みを抱えながら、多くの看護師が仕事を続けているというのも、事実になります。まずは、悩みが全くなく仕事を勧めることができるという人や、悩みの生まれない職場などは、まずないということを、頭の片隅に入れておきましょう。

悩みは、どんな仕事でも、どんなに仕事ができる人でもあるものですが、それでもやはり、悩みを抱えている本人にとっては非常につらいことになります。そのつらさを少しでも軽減する、あるいはなんとかうまく回避するためにも、看護師の仕事では、どのようなことが悩みとなるのか、どのような悩みを、多くの看護師が抱えているのかを知っておくというのは、とてもいいことだと思います。もし、同じ悩みが、自分一人ではなく、多くの看護師が悩んでいることであれば、それだけでも悩みの度合いが軽くなるということもあるでしょう。

例えば、まず最初にあげられる看護師の悩みというのは、女性の場合、夜勤や超過勤務が多いために、子育てと仕事の両立ができないということです。女性の場合は、若いころの取得した看護師の資格を、一生にわたって看護の現場でいかすといっても、結婚、出産、育児など、様々な家庭の事情や自分の生活の変化などで、なかなか難しくなる時期というのがあります。大規模な医療機関では、病院内や病院に付属する施設として、託児所が整備されている場合もありますが、もちろんすべての医療機関でそのような整備がされているわけではありません。ですから、女性の看護師の場合は、仕事と子育てや、仕事と家庭の両立が、非常に難しいというのが悩みの一つになってきます。

また、出産や子育てに伴って、一時的に看護職から離職した場合、数年後に看護師として再び勤務することは、可能なのですが、現実的には、復帰したいと思っても日々の医療・看護技術の進歩が速く、数年間看護の現場から離れてしまうと、最新技術についていくことができないというのも、現実的には大きな悩みとなっています。もちろん、看護師の国家試験に合格しているので、看護師として仕事をする資格は持っているのですが、現実的には、一度仕事から離れてしまうと、なかなか仕事に戻ることが難しいということがあるようです。このような悩みは、最近に始まったことではありません。改善策なども話し合われているところです。

【看護師の転職の悩み】
転職回数 早期退職 企業への転職 退職の時期 クリニック勤務 未経験の科 公立病院勤務
ハローワークの利用 面接対策 前の職場をやめた理由 助産師になる 保健師になる 保険 ブランク


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.