看護師の一日の流れ

看護師の一日の流れ

看護師の仕事を実際にしたことがあるという、経験者であっても、これまで勤めていた医療機関や病院などから、新しい勤務先に移った場合は、どのような仕事をこなすのか、どのような一日を、新しい勤務先で過ごすことになるのか、非常に不安なことと思います。特に、異業種から、看護師の国家試験に晴れて合格し、初めて医療機関や病院で仕事をするという場合は、よけい、どのような一日を勤め先で過ごすことになるのか、なかなか想像ができないでしょう。ここでは、看護師の一日の一例をご紹介したいと思います。ご紹介する者は、ごく一例で、もちろん看護師の場合は、日勤や夜勤などのシフト制の勤務体制になっていて、必ずしも毎日同じ仕事をするというわけではありません。目安となる一日の流れですので、あくまでも、参考程度に見てもらえればと思います。

日勤の場合の一日の流れになります。まず、朝の起床時間は、出勤時間や住んでいる地域、あるいは、勤務している医療機関や病院などによっても違ってきますが、例えば6時30分ごろ起床になります。どんな仕事でもそうですが、大抵の場合は、朝は非常にどたばたと忙しく、大体1時間後くらいの間に、身支度を整え、朝食を済ませて、家を出ます。そして、7時40分ごろ、出勤になります。その後、8時15分ごろには、病院ないで、朝礼があります。この朝礼では、大抵の場合、患者さんの人数や、重症患者さんを中心にした、看護内容などの重要事項の申し送りを聞くことになります。この申し送りを聞くことで、病棟全体が把握できます。そして、細かな業務調整なども、この朝礼から始まります。朝礼が終わると、8時30分ごろには、待ち受け患者さんの情報収集や一日の業務計画などを立てます。この時点で、その日一日の、自分の仕事を把握することになります。そしてその後、患者さんに、その日一日の検査や処置、そして看護ケアなどをお伝えします。業務計画ともつながりますが、患者さんの都合も考慮しながら、一日の仕事の計画を立てていきます。そして、1時間後の9時30分には、患者さんの検温を開始します。そして、点滴や抗がん剤投与などの準備も、この時間に済ませるようにします。昼前の11時頃には。清拭といって、患者さんの体をふくという仕事があります。患者さんの症状や状態に合わせて、アロマオイルなどを使用することもあります。その後、昼食のお昼休憩を取った後、午後は、配薬をします。その後、医師や専門看護師、認定看護師などと一緒に、カンファレンスを行います。そして、手術や検査の手伝いなどをこなして、午後の仕事が終了します。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.