看護師の向き・不向き

看護師の向き・不向き

どんな職業にも、向き不向きがあります。もともとの自分の性格や性質と、自分がこれから始める職業、あるいは将来なりたい職業をよく照らし合わせてみましょう。もし、自分の性格や性質と、これから始める職業が、あまりにも合致しない場合は、不向きということになります。不向きな職業を、無理に続けるというのは、かなり難しいことですし、ほかの人以上にストレスを抱え込んでしまうことにもなりかねません。おそらく、不向き故のミスも多く出てきて、すこしづつ、人間関係も崩れてくることでしょう。ですから、職業を決める、あるいは選ぶというときは、その職業が自分に向いているかどうか、あるいは、不向きではないかどうか、よく確認してみる必要があります。

看護師の場合も、看護師という職業に向き不向きの性格や性質があります。ただし、看護師の場合は、看護の勉強を学校などでして、国家試験に合格しなければなれない職業のため、もしかすると、あまりにも看護師という職業が不向きの場合は、学生だった時点で、自分で気づく人もいるかもしれません。看護師に不向きである、あるいは向いているというのは、早いうちに気がついたほうがいいに越したことはありませんが、実際に仕事をし始めてから気がつく人も、大勢いると思います。ここでは、実際に看護師を続けるのには、どのような人が向いていて、どのような日は不向きなのかを、ご説明したいと思います。ただし、看護師に向いているか不向きであるかは、もちろん最終的には、自分が決めることでもあります。転職の際に役に立つ知識として、一例をあげたいと思いますが、あくまでも参考にしてもらえればと思います。

例えば、コミュニケーション能力が極端にかけている人というのは、看護師には不向きなのではないでしょうか。看護師という職業は、毎日まいにち、人と接する仕事です。しかも、様々な人と毎日接します。ですから、看護の技術や知識も必要ですが、コミュニケーション術も非常に大事になってきます。また、あまりにも体力に自信がない人というのも、不向きかも知れません。看護師の仕事は、ときには体力を要するような看護の仕事もあります。また、激務をこなしていくだけの体力や、不規則な生活に対応できる体力というのも必要になってきます。もし、あまりにも病弱で、よく仕事を休むようなことになれば、周りの人にも、迷惑がかかることになります。その他、常に向上心を持つこと、新しい医療技術を習得し勉強をし続けることなどが必要になってきますが、性格的に、どのような人が向いているなどというのは、正直なところ、ないとってもいいくらいです。看護師といえども、様々な人がいるというのが現実です。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.