看護師転職の面接

看護師転職の面接

どんな仕事でも、転職をするときには、採用担当者の面接を受けることになります。看護師は、国家試験に合格しているので、いつでもどこでも求人があるとはいえ、やはり、免許を持っているからといって、面接もなしに採用が決まるということはありません。また、面接は、転職を成功させつ、大きなキーポイントでもありますし、面接で失敗をすると、まず採用は難しいと考えたほうがいいくらい、大切なものになります。ぜひ、面接を成功させて、自分の希望の職場への、キャリアアップ転職をも成功させましょう。

面接を成功させるには、いくつかの注意点があります。まず、面接というのは、これから何年も仕事をするだろう職場を決める割には、非常に短時間で終了するものでもあります。たとえば、30分〜1時間程度の面接時間というのが、比較的一般的で、2時間も3時間もかけて面接をするということは、あまりありません。ただし、大きな企業などがそうであるように、大規模な医療機関や病院などでは、1次面接、2次面接などと、数回に分けて面接がある場合もあります。大抵、数回にわたって面接がある場合というのは、非常に求められているスキルや知識が高度な場合や、あるいは求人倍率が高い場合になります。 いずれにしても、面接の時の注意点を、いくつかご紹介したいと思います。まず、面接は短時間で自分自身をアピールする場でもありますから、第一印象が非常に大になります。基本的なことではありますが、服装や身だしなみ、髪形などは、第一印象を左右する大きなポイントですので、医療機関や病院などにふさわしい、清潔感のある格好で、なおかつさわやかな態度で面接に臨むことが大事になります。たとえば、女性の場合は、あまりにも化粧が濃かったり、ミュールやサンダルで面接に行ったり、あるいは派手なマニキュアをしていたりというのは、けして印象は良くありません。看護の現場でも、これらは、職場に合わない格好でもありますので、気をつけましょう。

そして、これも基本的なことですが、面接の時間に遅刻をするというのは厳禁になります。まず、面接の時間に遅刻をしたというだけで、時間にルーズな人だという印象を残しかねませんし、採用者によっては、面接に遅刻をしたというだけで、不採用にするという人もいないとも限りません。せっかくの看護師の経験や知識を、このような基本的なミスでいかせなくしてしまうというのは、考え方によっては、非常に残念なことでもあります。面接には、遅刻をしないようにしましょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.