男性看護師の需要

男性看護師の需要

男性看護師が最近は増えてきたとはいえ、やはり、看護師の世界は、圧倒的に女性看護師が多いというのが現状です。ただし、男性看護師は、これからも確実に増えていくことと思われます。要するに、看護師の世界に、男性は必要。そして、男性看護師の需要も増えていくということです。

具体的なお話をしますと、例えば、小児科などでは、男性の看護師は、父親のような接し方をすることができます。今までは、女性の看護師ばかりで、どちらかというと、患者である子どもにとっては、お母さんや、お姉さん的な存在であったのにたして、お父さん的な、あるいは、お兄さん的な存在というのは、小児科にはなかったのです。

そういう意味で、小児科では重宝されます。それに、現時点では、実際に、救急の看護師や、集中治療室、手術室、脳神経外科、循環器系、整形外科、精神科などには、比較的、男性の看護師が多いとされています。現実的には、看護師の仕事の中には力仕事もあり、どうしても、力仕事となると、男性のほうが安心感があるというものではないでしょうか。

逆に、男性の看護師では、ちょっと仕事をしずらいと思う診療科目もあるでしょう。例えば、産婦人科などです。男性看護師では仕事が不可能ということではありません。その辺は、個人のキャラクターや技量によるところだと思います。加えて、女性看護師の場合は、どうしても、結婚、出産、子育てなど、仕事との両立が難しい時期があるというのも、男性とは違っているところです。

マイナビ看護師などの看護師転職サイト利用者の口コミ

★★★★★ (東京都・40歳男性)
男性で看護師をしています。何年か経験を積んだところで、今、これまでの自分の仕事と、これからの自分の仕事を見直しているところで、転職も視野に入れて考えています。実は、男性看護師が役に立っているのかどうか、自分でも疑問に思うことがあります。職場を変えたほうがいいのかなとも思います。

★★★★★ (千葉県・35歳男性)
もしかすると、時代の変化とともに、もっと、男性看護師が働きやすい病院や職場があるのではないかと思っています。現在の職場は、けして、男性の看護士が働きやすいという環境ではないと思うのです。リクルートナースバンクなどで、ちょっと調べてみようと思います。

★★★★ (熊本県・29歳男性)
数ヶ月前から、転職を考えています。男性の看護師の求人が、どれくらいあるのかというのも、不安でしたが、その辺も、とっても効率てきに、いろいろな求人サイトにアクセスできるので、多くの情報を手に入れることができて、助かっています。これからの転職活動、頑張ります。




▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.