男性看護師の歴史

男性看護師の歴史

男性看護師は、最近すっかり、当然の仕事のようになってきましたが、それでも、年配の方などにとっては、まだまだ、看護師の仕事というのは、女性の仕事というイメージが強いかもしれません。

もっとも、実際に病院などで、患者さんがお世話になるときというのは、男性看護師だとか、女性看護師だとかは、全く関係なく、親切に、そして丁寧に接してくれる看護士が、いいといいうことになるのではないでしょうか。確かに、かつては、看護師は女性の仕事でした。男性もいなくはなかったのですが、ひじょうに少なかったようです。

そして、1999年の、男女雇用機会均等法の改正などを経て、2002年から、男性も女性も区別なく、看護師と呼ばれるようになりました。昔は、女性の看護師ばかりだったので、看護婦と呼ばれていたのです。一般に、看護師という呼び方が浸透してくるとともに、若い世代から徐々に、男性の看護師も増えていきました。

そして、現在に至っています。看護師という仕事に魅力感じる男性は、これからも増えていくでしょうし、病院などでも、男性の看護師が必要だということが、これから増えてくることと思います。ですから、現在男性の看護師をされている方も、今後、ずっとずっと、転職などがしやすくなるでしょう。キャリアアップのために、転職を考えているのなら、様々な転職し年債を調べてみましょう。また、その一歩として、リクルートナースバンクに登録してみるといいでしょう。

マイナビ看護師などの看護師転職サイト利用者の口コミ

★★★★★ (東京都・45歳男性)
男性で看護師をしています。一応、男性看護師としては、数年のキャリアがありますので、比較的経験を積んでいるほうだと思います。私が看護師になった時は、本当に、看護師といえば、女性ばかりで、男性の看護師は、かなり珍しい存在でした。今では、求人も増えているようなので、いま、転職を考えています。

★★★★★ (埼玉県・36歳男性)
先日、リクルートナースバンクに登録しました。男性の看護師の場合は、どうしても、一つの病院にいたのでは、キャリアアップができないと限界を感じた時に、転職を考えうのではないでしょうか。ちょうど、今、自分がそういう時期に来ています。うまく転職活動をしたいと思います。

★★★★ (山口県・28歳男性)
男性で看護師を続けて、何度かは、辞めようかと思ったことも、正直ありました。でもせっかくとった資格ですから、これからも続けようと、最近は思っています。もし、仕事が続けられないと思ったら、転職をすればいいんですよね。職場を変えるだけで、ずいぶん気持ちが楽になると思います。




▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.