准看護士の給料

准看護士の給料

看護師には、正看護師と準看護師がいるということは、看護師の資格を目指して勉強をしてきた方は、よくご存じのことと思います。では、正看護師と準看護師では、お給料にどのような違いがあるのかを調べてみましょう。

まず、準看護師というのは、2008年時点で、約20000人ほどいます。正看護師が、約47000人ほどですから、正看護師の約半分以下の人数になります。逆に考えてみると、看護師と呼ばれている人たちのなかでも、1/3くらいが、準看護師ということになります。

正看護師の場合、女性の平均年収は474.9万円、男性の平均年収は455.9万円です。毎月のお給料は、正看護師の女性で32.3万円、男性で31.2万円になっています。準看護師の場合はどうかというと、女性準看護師の平均年収は401万円、男性の場合が424.4万円です。毎月のお給料では、女性準看護師が27.6万円、男性準看護師で29.3万円になっています。

やはり、準看護師の場合は、正看護師よりも、ややお給料が安めではありますが、準看護師といえども、ほかの職業と比べたら、ずっとお給料面では恵まれているといえると思います。

また、正看護師と準看護師の両方に関して、過去5年のお給料の金額の推移を調べてみると、おおむね、少しづつ増額しているといえます。昨今の、経済不況のなか、一般企業ではお給料の増額などはなかなか難しいかしいという企業も多いと思いますが、看護師という仕事は、いわば不況がそれどほ関係ない仕事ともいえるのかもしれません。

ただし、正看護婦も準看護婦も、各医療機関によって、お給料の金額に差があることも、念頭に置いておきましょう。大きな総合病院と、小さなクリニックでは、お給料に差があるのは当然ですし、仕事を始めてみれば分かることではありますが、仕事の内容も、大きな病院と小さなクリニックでは、その忙しさなど、大きく違います。ですから、一概に、いくらだから安いとか、いくらだから高いとは言い切れない部分もあります。

仕事内容などを照らし合わせて、なおかつ、準看護婦の場合は、正看護婦を目指す場合の大切なステップと考えておくといいのではないかと思います。

また、都市部かあるいは地方かによっても、給料には差が出てきます。ですから、準看護師の平均月給は、あくまでの平均として、一つの目安として知っておくといいのではないかと思います。そして、正看護師のお給料も頭の片隅に入れておき、ときには、さらなるステップアップを目指す際の理由の一つとして考えてみてもいいと思います。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.