看護師の平均寿命

看護師の平均寿命

一般的に、職業によって、平均寿命が変わるという話は、あまり聞かないかもしれません。平均寿命というと、どの県に住んでいる人は、平均寿命が長いとか、あるいは、煙草を吸っている人は平均寿命が短いとか、そういった話はよく聞きますが、どのような職魚の場合は、平均寿命が短いとか長いという話は、一般的に聞かない話ではあります。ただし、もし、看護師を目指して勉強をし、看護師という職業について、いろいろと調べたかたなら、風の噂のように、「看護師は寿命が短い」というのを聞いたことがあるという人がいるのではないでしょうか。「看護師は寿命が短い」というのを聞いてしまうと、非常に気になると思います。しかし、本当に、看護師は寿命が短いのでしょうか。看護師という、健康管理のプロフェッショナルのような仕事につきながら、また、長年医療機関や病院に勤めながら、寿命が短いというのがもし事実だとしたら、なんとも皮肉なものです。しかし、この噂には、実は、確たる根拠はありません。看護師の寿命に関しての調査や統計は、現実的にはないのです。ただし、看護師という職業は、確かに寿命が短いのではないかと推測できるような条件もそろっています。寿命という言葉は、あまりこの際には正確ではありませんで、むしろ、今後の余命が短くなる可能性があるという言い方のほうが正確かもしれません。これはどういうことなのか、ご説明したいと思います。

看護師の寿命が短くなる可能性があるというのは、いくつかの理由があります。まず第一に、勤務の時間が非常に不規則であるということがあげられます。日勤と夜勤がシフト制になっていて、看護師になれば、夜勤のない医療機関や病院に勤めない限りは、常に生活は不規則になります。規則的な生活からは縁遠いといってもいいかもしれません。そして、次にあげられるのが、仕事が非常に煩雑で、人間関係も難しく、毎日激務が続くということがあげられます。これらによって受けるストレスは、かなり大きいと予想されます。ストレスは、少しづつからだをむしばんでいき、ときに体調を崩してしまうという看護師もいますが、やはり健康を保つことはかなり難しい条件といえます。また、看護師の場合は、MRSAや肝炎などに被曝されやすいとも言われています。これらの被爆感染から、体が弱った時の抗生物質が効きにくいのではないかとも言われています。また、勤務が変則的なため、血圧が常に変動しやすかったり、あるいは、激務やストレスが続くことから、煙草を吸う人が多いというのも、看護師の寿命が短いといわれる原因になっているようです。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.