看護師の給料を時給に直すと?

看護師の給料を時給に直すと?

看護師の給料は、女性の正看護師の平均的お給料は、35.8万円、男性の正看護師の場合、お給料の平均は、31.2万円です。ただし、平均的なお給料というのは、正看護師として働き始めて1年目の給料も、30年以上勤務している看護師長などの給料もすべて合わせて、人数で割り出した平均値ということです。ですから、もちろん、正看護師として1年目であれば、30万円台ものお給料を必ずしももらえるとは限りません。そして、もし自分が、看護師長という責任ある立場にまで、キャリアアップしたとしたら、将来的には、女性の正看護師の平均的お給料である、35.8万円を上回るお給料を期待できるということでもあります。

看護師といっても、勤める医療機関によって、そして、勤める地域によって、そして、勤務年数によって、違いがあるということになります。ただし、おおむね、看護師のお給料は、一般的な事務職と比べたときに、高給であるといえるのではないかと思います。

一般的な事務職と比較するには、看護師になるために数年間かけて専門分野の勉強をし、国家試験に合格しなければならないのですから、一般事務職のお給料より良くて当たり前と思うかもしれませんが、その分、激務であることも、事実といえるかもしれません。 しかし、看護師になりたいという夢を実現してみれば、看護師になってよかったと思えることや、仕事のやりがいも、様々な場面で感じることができるというのが、専門的な仕事のいいところです。

そう考えると、看護師のお給料を自給に換算して考えるというのは、人によっては、あまり意味のないものと思えるかもしれませんが、一応知っておくというのは、就職先の医療機関を決めるにあたっての、役立つ知識になります。

女性と男性を合わせた正看護師の平均的な月収は、32.2万円となっています。なお、この平均月収を調査した際の、平均年齢は、35.9歳です。そして、平均的な総労働時間は、ひと月に168時間となっています。そして、時給換算すると、1916.7円になります。

この、平均時給1916.7円という金額を知ると、思いのほか、看護師の給料はいいと、改めて実感するかもしれません。確かに、事務職などで、時給800円や900円などの仕事もありますから、時給計算すると、非常に割のいい仕事ということになります。もちろん、看護師として仕事をし始めた最初の数年は、この平均時給価格にとどかないことが多いと思いますが、自分が30代くらいになって、ある程度キャリアを積んだときには、この程度の時給の仕事ということになります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.