看護師の労働時間

看護師の労働時間

医療機関や病院に勤務する看護師は、常に、勤務時間が不規則で、日勤と夜勤を交互にこなしていくというシフト制になっています。なおかつ、非常に忙しい毎日で、ややもすると、既定の労働時間をオーバーして、毎日のように残業をしなければならないというようなことも、現実としてあります。まず、ここでは、看護師の労働時間について、決められている労働時間と、実際に看護師の経験がある方から教えてもらった、現実の労働時間をご紹介したいと思います。

看護師は、おおむねどこの医療機関や病院でも、二交代制か、もしくは三交代制で勤務する、シフト制となっています。実は、二交代制というのは、比較的新しいシフト制度で、かつては、多くの医療機関や病院が、三交代制をとっていました。今では、二交代制のシフトが、約3割ほど、三交代制のシフトが約7割ほどになっています。二交代制の場合は、単純に一日24時間を二つに分けて、一勤務が12時間というところもありますし、あるいは、日勤が8時間、夜勤が16時間というように、やや変則的な勤務時間でシフトが組まれることもあります。あるいは、その医療機関や病院などが一番忙しい時間帯に合わせて、シフトが組まれるということもあります。

三交代制の場合は、一日24時間を三等分して、一勤務が8時間という場合が多くなっています。この場合は、日勤・準夜勤・深夜勤という割り振りでシフトが組まれます。目安となる勤務時間は、日勤で、午前8時30分から午後4時30分、準夜勤で、午後4時から深夜の0時までで、深夜勤の場合は、深夜0時から、朝の8時30分までとなっています。もちろん、この勤務時間は、あくまでも目安であって、各医療機関や病院によって、多少の違いがあります。また、1カ月の夜勤の回数は、おおむね8回までとなっています。

二交代制でも、三交代制でも、1カ月全体の勤務時間はそれほど変わりはないように、シフトが組まれると思いますが、二交代制のほうが、夜勤16時間と、一回の勤務が長くなる分、休日がしっかりととれるということになっています。そのため、最近では、二交代制をとる医療機関や病院が増えてきました。

ただし、現実的には、看護師をしている人の話を聞くと、かなりの時間で、残業をしているという声をよく聞きます。たとえば、三交代制の勤務先で、8時間の勤務が終わっても、すぐに帰宅できるということは、それほど多くはないという医療機関や病院もあります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.