看護師と保険師の違い

看護師と保険師の違い

看護師と似たような仕事の一つに、保険師という仕事があります。ただし保険師と看護師は、大きく違ってきます、看護師の資格を持っている方々は、すでに看護師についてはよくご存じのことと思いますが、ここでは、保険師というのがどういう職業なのかを説明したいと思います。

保険師とは、保健師助産師看護師法で定められた職業で、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」とされています。大学や保険師の養成校などで所定の教育を受けた人が、保険師の国家試験に合格してはじめてなることができる国家資格になります。この国家資格という点では、看護師と同じということになります。

保険師は、名称毒腺の資格になっており、保険師の資格を持たない人が、保険師となのることはできません。また、保険師と紛らわしい名称を用いることもできないことになっています。ただし、保険師とおなじような仕事を、医師や歯科医師、養護教諭、栄養士などは、適切な保健指導をすることができます。この場合は、合法的になります。しかし、これ以外の場合は、保険師の資格がないのに保険師と名乗るなどは、違法となります。

具体的な仕事は、どういうものかというと、保険師は、おもに都道府県や市町村などの保健所や保健センターなどで、保険にかんする行政に従事する行政保険師と、企業の産業保健スタッフとして勤務する、産業保険師、また、学校などで学生や強惻隠の心身の健康保持に勤める学校保険師(養護教諭)の3種類に大きく分けることができます。また、最近では、保険師の資格を取って、NGOなどで、発展途上国の母子保健活動や感染症対策、衛生教育などに携わる人も出てきており、保険師の活躍の場は、広がってきています。

保険師になるには、基本的には、地域看護学や、公衆衛生看護学が中心の学問になります。また、保険師の資格を取得するには、看護師の国家試験に合格し、所定の保険師養成課程を、1年以上終了し、さらに保険師の国家資格に合格する必要があります。ですから、ベースとしては、看護師になるための知識が必要不可欠ということになります。

あるいは、看護師のさらなるキャリアアップのために、保険師の勉強をして、資格を取得するという人もいるかもしれません。保険師になるには、看護師の基礎教育修了者が入学し保健師の専門教育を受ける、「保健師学校」と、「保健師・看護師統合カリキュラム」を採用して4年間で看護師と保健師の受験資格を一緒に取得するタイプがあります。

(※)看護師の方で今の勤務時間や給与・賞与の待遇などに不満がある方、職場の人間関係のストレスやキャリアアップの悩みがある方など、まずはナース人材バンクなどの転職サービスに登録されてみて下さい。皆さんが思っている以上に高待遇の病院や希望に沿う病院は多数あります。まずは1分でできる登録から始めましょう!プロのコンサルタントが高待遇案件を多数紹介します。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.