保健師の仕事内容

保健師の仕事内容

保健師の仕事というのは、看護師とは、やはりかなり違ってきます。一つの例をあげて、保健師の仕事内容を紹介しましょう。保健師の場合は、医療機関というよりは、学校や企業などで仕事をすることが多くなります。例えば、企業で保健師として仕事をする場合は、保健管理室などに勤務することになります。

もちろん、保健師の採用というのは、保健師の資格を持つことのほかに、看護師としての資格を持つことが多くあります。採用する企業などにしてみれば、採血などの看護師の仕事をこなすことを期待していると、言えるのではないでしょうか。一応、もっとも大きな保健師の仕事というのは、strong>保健指導を行うこととなっています。

しかしながら、保健師助産師看護師法が改正されてからは、養成期間は看護師で3年以上、保健師が1年以上ということになっています。ですから、大学などに学士編入しても、4年間はかかるということになっています。実際に、ほとんどの保健師が、看護師の資格を持ち、看護師の養成期間を3年終了してから編入するということが多くあります。

保健師になるには、大学などの学費の面では、文系の大学よりは、やや学費が高くなっています。これは、実習費などがかかるためです。ただし、国立の大学などの場合は、やや安い学費になっています。近年、特定検診や保健指導が始まったので、今のところ保健師の求人は、なかなか多くなっています。看護師の仕事も企業では求められていることを頭に入れておきましょう。

<行政保健師の仕事>
行政保健師とは 都道府県と市町村 保健所 特定健康診査・特定保健指導 乳幼児健診・母子保健 感染症対策・難病対策 地域住民サービス 地域包括支援センター 看護予防・ケアマネジメント

<産業保健師の仕事>
産業保険師とは 健康指導・メンタルヘルスケア 海外感染症対策

<学校保険師の仕事>
学校保険師とは 養護教諭2種の取得 保健室の先生

<病院勤務の保険師の仕事>
保健師の病院勤務

<国際保健師の仕事>
保健師の国際保健の仕事 JICA、NGOでの活動 海外勤務

<その他>
老人ホーム勤務 イベント救護室 アテンドナース・引率ナース 警視庁勤務 ボランティア 震災被災地ボランティア

ナース人材バンクなどの保健師転職サイト利用者の口コミ

★★★★★ (東京都・31歳女性)
企業で保管師の仕事をしています。看護師として仕事をしようかと、迷ったこともありますが、結局、保健師の道を選びました。看護師の資格も持っているので、最近は、看護師に転職しようかとも考えています。ただ、看護師としては実際に仕事をしたことがないのでどうしようかと思っています。

★★★★★ (愛知県・29歳女性)
保健師になりたいと思っています。数年前に、やっと、看護師と保健師の資格を取りました。非常に苦労しました、看護師になるか、保健師になるかで迷ったのですが、保健師になりたいと思っています。いま、保健師の求人を探しています。看護師の求人も同時に確認しています。

★★★★ (福島県・40歳女性)
保健師をしていますが、これから、将来が不安なので、看護師の経験を積みたいと思っています。ゆくゆくは、保健師の仕事を続けるかもしれませんが、保健師をしていても、看護師のような仕事も求められるので、看護師の経験があったほうがいいと思うのです。求人を探してみようと思います。




▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.