保健師の志望動機

保健師の志望動機

保健師というのは、どういうことが志望動機になるのでしょうか。看護師の場合は、人のためになりたいとか、自分が入院したときに看護士さんに親切にしてもらった経験があり、看護士さんになりたかったとか、小さいころから白衣の天使にあこがれていたなど、様々な志望動機が思い当たります。

保健師として仕事をしている多くの人は、看護師の資格も持ち合わせていることが多いですから、看護師としての志望動機ではない、保健師としての特別な志望動機があるのではないでしょうか。保健師になる志望動機に限らず、どの仕事をするかというその志望動機は、その人によって様々です。どんな志望動機であっての、その仕事につきたいとか、その仕事で頑張りたいとか、あるいは、その仕事を長く続けたいなど、かたい決心があれば、その仕事につくことができるでしょうし、続けることもできるでしょう。

保健師も同じです。志望動機は人によって様々あると思いますが、保健師になりたい、保健師としてキャリアアップしたいという思いが、いい仕事をうんでくれます。一般的には、保健師の志望動機は、やはり、病気の人のケアなど、メンタルなケアを含めて、人の支えになりたいというものがあげられます。

また、保健師の場合は、患者さん本人だけではなくて、家族にも影響があるような仕事になります。人に頼られたいとか、人のためになりたい、あるいは、誰かの支えになりたいというのも、保健師の志望動機ではないでしょうか。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.