保健師とは

保健師とは

保健師は、自治体などの各地域において、その地域の人々の健康増進や疾病予防を推進するために、健康教育や保健指導などの地区活動を行うスペシャリストになります。日本では保健師助産師看護師法において、「保健師とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいう。」と定められています。また「保健師になろうとする者は、保健師国家試験及び看護師国家試験に合格し、厚生労働省の免許を受けなければならない。」とも定められています。

保健師になる為には、専門の教育を受けて、保健師と看護師両方の国家試験に合格しなければなりませんから、保健師とは地域看護のスペシャリストといえます。国家資格を必用とする保健師は、名称独占の資格になりますから、保健師免許を持たない人が保健師とは名乗ることはできません。保健師は保健師ということです。しかし保健師の担当する業務を独占するということではありませんから、例えば医師などが診療の一環として保健指導を行なうことはできます。

日本で保健師はどのようにして始まったのでしょう。その歴史は1887年、京都看病婦学校が慈善事業としておこなった巡回看護という活動が始まりになります。京都看病婦学校は、同志社大学の創設者の新島襄が設立した日本初の看護婦養成学校です。日本における保健活動は明治維新の時期に始まったのです。1937年には保健所法が定められ、乳幼児、妊産婦、結核や感染症患者、精神疾患患者等の訪問指導が本格化します。戦後伝染病や結核、母子保健を中心に活動します。そして保健師助産師看護師法が制定されます。それまで保健婦という女性のみの資格でしたが、1993年の法改正により、1994年に男性保健士が誕生します。2003年には保健婦・保健士が統一され、保健師となりました。

では、保健師の具体的な仕事はどのようなものになるのでしょうか。保健師は大きく3種類に分かれます。地方自治体の保健所や保健センターなどに勤務し、保健行政の仕事をおこなう行政保健師。企業に勤務して産業保健の仕事をおこなう産業保健師。そして学校に勤務して生徒や教職員の健康保持の仕事をおこなう学校保健師になります。学校保健師は、そうですあなたの学校にもいた養護の先生です。保健師になるには、看護師国家試験に合格後、保健師養成教育を受けて保健師国家試験に合格しなければなりません。

<関連コンテンツ> 保健師になるには 国家試験 学校 養成所 通信教育 難易度・合格率 役割 やりがい 保健師助産師看護師法


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.