看護師の給料で低いのはいくらから?

看護師の給料で低いのはいくらから?

看護師のお給料は、一般的には、高給といわれています。やはり、国家試験に合格して、初めてつける職業であるということと、専門職であるということなどが、お給料がいいことの一つの要因になっていると思います。イメージ的には、看護師は高給取りというイメージがありますが、実際に、高給の看護師がいくらくらいの給料をもらっているのかというのは、なかなか外には出てこない情報でもあります。噂の域を出ませんが、中には、年収で1000万円以上の収入がある看護師もいるとのことです。

一方で、看護師は、激務の割には薄給だという見方もあります。テレビや新聞などで、看護師不足が取り上げられることがありますが、看護師というのは非常に忙しく、なかなかプライベートな時間を持つことができないというようなこともあり、その仕事の仕方に疲れてしまい、看護師を辞めるという人も、中にはいるということです。

一般的に、例えば女性の準看護師の場合、月々のお給料の平均額は、27.7万円となっています。しかしこの金額は、あくまでも平均です。もちろん、女性の準看護師の中には、27.7万円以上のお給料をもらっている人も大勢いますし、27.7万円以下のお給料しかもらっていないという人も大勢います。看護師の初任給は、手取りで16〜22万円程度とも言われています。たとえば、手取りで16万円の場合というのは、夜勤手当などの各種手当が数万円分含まれていますので、基本給はさらに安いということになります。

もっとも、初任給ですから、看護師になりたての最初の月では、実際に仕事といっても、まだまだ勉強しなければいけないことばかりで、実際に現場で役に立てるような仕事はなかなかできないと思いますので、お給料がやすくても、仕方がないことではありますが、必ずしも、看護師のお給料が高給だとばかりイメージしていると、「ずいぶんイメージと違うな」と思う方もいるかもしれません。

また、看護師のお給料は、医療機関によって、かなりの差があるというのも、現実です。大規模な病院などでは、看護師の毎月のお給料の平均は、33.8万円であるのに対して、小規模の病院などでは、女性の正看護師のお給料は、30.4万円となっています。平均で3万円以上の差があるのですが、最低給与金額となれば、さらに差があることが予想されます。

ただし、お給料の金額だけで、高い安いと、就職先を決めるのではなく、その医療機関の勤務条件や仕事の仕方など、さまざまな面から調べてみることが重要になります。就職先を検討する際は、いろいろな条件を踏まえて、その条件の中に、給与という項目を必ず入れるというのが必要になります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.