看護師の給料の地域別比較

看護師の給料の地域別比較

看護師というのは、国家資格に合格して、初めてつける仕事です。国家試験に合格しなければならないということは、全国、どの病院で仕事をしている看護師も、国が作った同じレベルの試験に合格し、一定レベル以上の知識があるということになります。

しかし、実際に、看護していて仕事をするということになると、同じ国家試験に合格したにも関わらず、首都圏の大病院と、地方の小規模の病院では、お給料に差があるというのが現実です。一般の企業でも、首都圏の大企業と、地方の小企業では、給料や待遇面で、差があるというのは、よくあることです。病院といえども、経営者は、病院経営をして収入と支出のバランスを考えながら、病院の運営を考え、病院に勤務する全員に給与を支払うわけです。人口が密集する都心の病院には、患者の数も多くなります。いわば、一般企業でいえば、お客さんの数が多いということです。患者の数が多ければ、その分病院収入も増え、経営は安定しますし、高額の給与を支払うことも可能ですが、人口がまばらで少ない地方にある、小さな病院では、なかなか病院の運営も難しいということになります。

看護師になりたいと思い、勉強を続けてきた方なら、数年前から、何度か報道された、病院の倒産という話題も、記憶しているのではないかと思いますが、病院の経営は、その地域によっても、かなり違いが生まれてくるというのが現状のようです。

例えば、給与年収の平均を、各地方ごとに見てみましょう。経験5年の看護師の平均給与年収を見てみると、給与の高い順に、関東地方434万円、近畿地方429万円、東海地方424万円、北海道420万円、北陸・信越地方394万円、九州・沖縄地方388万円、中国地方375万円、東北地方367万円、四国地方345万円となっています。やはり、大都市を含む、関東地方、近畿地方、東海地方が高額給与年収の上位を占めています。そして、中国・東北・四国などの地方が、比較的給与年収が低めとなっています。

首都圏と地方では、給与形態に差があるのは、看護師や医療機関に関してだけのことではありません。その分野の企業でも同じです。ただし、仕事内容も、大都市圏の病院の忙しさと、地方の病院の忙しさでは、差があるということも、忘れずに念頭に置いておきましょう。要するに、単純に給料は、安い高いで判断できるものではなく、仕事内容や様々な条件と照らし合わせたときに、はじめて、このお給料が高いか安いかという判断が成り立つことになります。単純に数字だけに惑わされないことも大事になります。また、病院などの医療機関は、どんな小さな町にも、必ず必要なものですし、どんな小さな町にも患者さんは存在することも、忘れずにいたいものです。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.