看護師の業務内容

看護師の業務内容

看護師とは、実際にどのような仕事をするのでしょうか。これまで、すでに、医療機関や病院などで看護師の経験がある人なら、おおむね、看護師の仕事内容や業務内容は想像ができると思いますが、実際には、各医療機関や病院ごとに、違いがあるというのが現実です。そして、近年では、医療の進歩が非常に早く、なおかつ高度になっており、複雑化もしています。そのため、看護師の仕事や業務内容も、年々、その範囲が多岐にわたり、昔に比べると、幅広い知識が必要になっています。そして、幅広い知識だけではなくて、先端医療に対する対応なども、求められてきているというのが、近年の看護師の業務内容となっています。

例えば、病院で看護師として仕事をする場合は、基本的には、「医師の診断や治療のための補助的役割や、患者とその家族への対応」が中心となっています。たとえば、部隊的にどのような業務をするのか、以下に列記しておきましょう。「問診」 「各種検査(その説明)」 「点滴、注射」 「与薬(その説明)」 「食事、排泄の介助」 「検温、測脈、血圧測定」 「患者移送」 「座位訓練」 「体位交換」 「新生児のケア」 「清拭、入浴、沐浴」 「手浴、足浴」 「リフトバス」 「配膳」 「下膳」 「ベッドメーキング」 「記録、巡回」 「訪問介護」 「自宅療養のための教育、指導」、これらが看護師の業務内容になります。 そして、これらの業務内容を、スムーズにこなしていくには、医師や保険師、あるいは、助産師やケア・マネージャーなどとの、コミュニケーションが重要になってきます。

実にたくさんの業務内容があり、その範囲も多岐にわかっているために、ざっと業務内容を列記しただけでも、看護師の忙しさやハードな仕事内容が想像できるかもしれません。そして、もちろん、様々な知識や経験が必要な仕事もありますが、中には、体力が必要になってくるような仕事もあります。その仕事仕事に合わせて、あるいは患者さんの状態や、上司に当たる看護婦長などの指示に合わせて、的確に、そして、敏速に仕事をこなしていくことが求められます。

また、近年では、一般的な看護師のほかにも、医療の専門分化や地域医療・保健の重視などが見直されて、患者の自宅などでの介護福祉士や保険師、ホームヘルパーなどとともに、訪問介護サービスの仕事をする看護師も増えてきています。そして、介護保険制度が始まってからは、介護支援専門員としての役割を看護士が担うことなども、期待されているといわれています。

【看護師の日常業務】
問診 各種検査 点滴と注射 与薬 食事の補助 排泄周りの介助 血圧測定・検温・脈拍測定など
患者移送 座位訓練 体位交換 新生児のケア 入浴の介助 手浴、足浴 リフトバス 配膳と下膳
ベッドメーキング 記録・巡回 訪問介護 自宅療養のための教育、指導


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.