自衛隊看護師の仕事内容

自衛隊看護師の仕事内容

看護師の転職先として、自衛隊看護師になるという道もその選択肢のひとつです。自衛隊看護師は一般的な看護師とは違い、さまざまな仕事内容をこなしていかなければなりません。看護師養成所を卒業した人間の場合には、技官として防衛医科大学校などに勤務をすることになります。高等看護学校を卒業した場合、自衛隊の各部隊であったり、自衛隊病院においての勤務につくことになるというのが一般的です。

まず一般的な看護師と違っているのは、異動が当たり前であるということです。防衛庁や自衛隊の部隊で勤務する看護師の場合、どこに派遣されるのかが分かりませんから、一つのところにとどまり、そこで定着するという勤務は確実にできません。もしも他国で災害が起こったり、紛争などが起こり、他国からの援助であったり、支援を求められた場合には、そこに派遣されることも当然に起こり得ることなのです。日本国内を離れ、海外での活動も当然に行っていくケースも十分に考えられるということです。。ですから、一般的な病院勤務の看護師のように、看護師のスキルや知識だけを覚えていればいいし、それを高めていけば問題ないと思っている方には絶対に向いていない職業だと言えるでしょう。

最低限自分の身を守るための護身術であったり、防衛術なんてものを覚え、それを実践することができるように訓練を行っておくことも、大事な仕事のひとつになってきます。これがもっとも一般的な病院に勤務する看護師と、自衛隊で働く看護師の違いと言えるのではないでしょうか。

実際に自衛隊中央病院併設の高等看護学院のカリキュラムの中には、自衛隊の教育機関であるがゆえに、拳銃の組立であったり、ヘリコプターからの投降訓練などが取り入れられています。この学校に通っている間には、1年おきに昇官することができたりなど、一般的な看護師教育とは、かなり違った側面を見ることができます。また日本国内の勤務であっても、数年の間に配置転換が何度かあるので、その度に住んでいる街が変わるという覚悟も当然に必要になってきます。

自衛隊看護師の仕事として、自衛隊中央病院や、自衛隊地区病院などにおける看護業務。そして自衛隊各方面における衛生部隊や師団・旅団などの後方支援隊としての医療支援業務。さらには中央高等看護学院や、陸上自衛隊衛生学校などにおいての衛生関係の業務が主な仕事内容になってきますので、覚えておきましょうね。さまざまな違いはあるものの、看護師として、そして自衛官としての二つの顔をもち、高い志を持って職務に取り組むという強い意思が必要になってくることでしょう。

■公務員看護師の関連コラム
自衛隊看護師の給料
自衛隊看護師への転職の方法
自衛隊看護師の仕事内容
自衛隊看護師と資格
自衛隊看護師の倍率



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.