自衛隊看護師の給料

自衛隊看護師の給料

看護師の転職先の中でも特殊だとされているのが、自衛隊の看護師ではないでしょうか。自衛隊で看護師になるためには、看護師採用試験に合格しただけではなく、看護師採用試験に合格した後、陸上自衛隊の看護部採用試験を受験し、合格する必要が出てきます。一般的には、新卒者しか採用しないイメージのある自衛隊看護師ですが、中途採用なども積極的に行っているので、ホームページなどをチェックするなり、興味のある人はリサーチしてみると良いでしょう。

気になるのは、自衛隊看護師の給与面ではないでしょうか。自衛隊の看護師に採用された場合、その身分は、特別職国家公務員となります。給与は基本的に、27万円からのスタートになります。給与水準は、自衛官俸給表に基づいて行われ、階級によって給与が決められています。基本給などでいえば、下士官でも45万円〜47万円くらいとされています。幹部になれば、50万円を軽く超えることになりますから、かなり高給取りになることができるでしょう。

求人募集については、ハローワークや防衛省のWEBサイトに掲載されているものに応募をするというのが一般的です。高等看護学院で、3年間の教育過程を修了しなければなりませんが、自衛隊の看護師になる前提であれば、学費などは一切にかかりません。実は給与をもらいながら、看護資格を取得する方法もあります。看護学生の身であっても、自衛隊の看護師になる前提であれば、月額で15万円程度の給与をもらいながら、看護師の資格を取得することができるというのが、新卒者には嬉しい制度になっています。

公務員となるわけですから、民間病院とは違い、安定した給与を継続的に取得することができるというのが最大のメリットと言えるでしょう。景気などによってボーナスなどが増減することはなく、一定の給与を安定的に支給されますから、将来設計を非常に考えやすい職種であるとも言えるのです。

また自衛隊看護師などの公務員看護師が優遇されているポイントとして、決められている勤務時間を超え、残業をする場合には、必ず超過勤務手当がつくというところにあります。民間の病院によっては、たとえ救急搬送されてきた場合でも、病院経営上でその病院が設定している既定の時間を超えなければ、残業代が支給されないというところが多いのに対して、自衛隊などの公務員看護師の場合には、必ず残業手当がつきますから、これも収入の安定や高収入に結びついていると言えるのです。

■公務員看護師の関連コラム
自衛隊看護師の給料
自衛隊看護師への転職の方法
自衛隊看護師の仕事内容
自衛隊看護師と資格
自衛隊看護師の倍率



▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.