看護師転職の志望動機

看護師転職の志望動機

看護師が転職をするときには、いくら、前の職場が病院で、次の職場も病院だからといって、これまでの経歴だけで採用が決まるというようなことはまずありません。採用を決めるにあたっては、一番のキーポイントとなるのは、「志望動機」になります。どんな仕事でも、その企業や会社、看護師であれば、その医療機関や病院などで、仕事をしたいと思った理由があるはずです。なぜ、多くの看護師の求人の中から、この医療機関を選んだのか、この病院を選んだのかを、よく考えてみましょう。この志望動機というのは、面接などの際には、必ず聞かれることでもありますので、自分の頭の中で、うまくまとめておくといいかもしれません。

例えば、面接などで、志望動機がうまく話せなかったり、どちらかというと、ネガティブな志望動機などの場合は、面接の採用担当者へは、あまりいい印象を与えることができません。たとえば、「なぜ、この病院で働きたいと思いましたか?」と志望動機を聞かれたときに。「前に働いていた病院が、忙しすぎたから」とか「前に働いていた病院のお給料が安すぎたから」という、前の職場の悪口ともとらえられかねない志望動機は、面接で悪い印象を与えてしまいます。確かに、忙しすぎたり、お給料が安すぎるというのは、転職の大きな理由にはなると思いますが、実際の面接のときには、どちらかというと、ポジティブな理由を伝えたほうが好印象になります。

もし、なかなかいい志望動機がないという場合は、もう一度、転職を目指している医療機関や病院のことを調べなおしてみましょう。そして、自分がなぜこの医療機関や病院に勤めたいと思ったのかをじっくりと考えてみる必要があります。おそらく、多くの看護師の求人の中から、選び出したのですから、その転職希望先には、あなたが魅力的だと思った理由がいくつかあるはずです。おそらく、お給料がいいという理由だけではなく、もっと他に、勤務体系などの条件面で、自分の希望と合致していたとか、あるいは、これまでの経験を十分に発揮できるとか、なにか魅力があったはずです。それらの魅力を、ポジティブに伝えるようにしましょう。

転職をする際というのは、なかなか大変なこともあると思います。大手の転職仲介業者などに登録して、じっくりと時間をかけて自分のこと、それから求人を出している医療機関のことを調べてみるといいのではないでしょうか。じっくりと時間をかけることで、自分にぴったりあった転職先を見つけることも可能かもしれません。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.