看護師の男女比

看護師の男女比

看護師という職業は、かつては、看護婦と呼ばれていました、男女機会均等法に伴って、看護師は、女性仕事ではなく、男性でもできる仕事ということになり、その名称も、看護師というようにいいかえられたのです。しかし、看護師と呼び方が変わり、看護師という呼び方が浸透してきた現在でも、まだ、看護師の仕事は、圧倒的に女性が多いというのが現実です、最近では、若い男性の看護師も増えてきましたが、それでも、まだまだ女性の職場というイメージを、誰もが持ち合わせているのではないでしょうか。

看護師の男女比で行くと、圧倒的に女性が多く、女性が9割を占めています。そして、残りの1割が男性の看護師となっています。看護師という呼び名になってから、病院内や医療機関などで、男性看護師を見かけたことがあるという人は、まだまだそれほど多くないかと思います。現実的に、人数が非常に少ないのですが、これから、男性看護師の数も、どんどん増えていくことでしょう。

看護師の仕事は、今まで圧倒的に女性が多かったとはいえ、非常に激務で、体力も要する仕事が多くあります。また、勤務体制も不規則で、男性のほうが楽にこなせるのではないかという面も多々あります。おそらく、看護師としての男性の役割というのは、これからどんどん広がっていくことでしょう。また、男性の看護師が増えることで、女性の看護師の仕事が、いくらかでも軽減するというようなことが、もしかすると出てくるかもしれません。

また、看護師が職場を辞める理由の、一番に挙げられる、人間関係の悩みについても、人によっては、女性ばかりの職場だということが、影響しているのではないかという人もいますすこしでも男性看護師が入ることで、職場の雰囲気も、ずいぶん変わるのではないかと思います。まだまだこれから変わっていくべき、看護師の男女比ですが、すでに欧米などの医療機関や病院などでは、男性の看護師は、当たり前のように仕事をしてます。日本でも、そのような日が来るのは、そう遠い将来のことではないと予想されます。

女性ばかりの職場であるということに、悩みなどを感じるようになったら、一度、男性看護師もいるような医療機関や病院などの話を聞いてみるといいかもしれません。そして、転職の際などに、参考にしてみるというのも、いい対策になるのではないでしょうか。 退職や転職の理由は、様々あります。ただ、同じ失敗を繰り返したくないというのが、多くの人の思いだと思いますので、転職の際には、これまでの経験を十分に生かせるようにしましょう。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.