大学病院の看護師年収

大学病院の看護師年収

病院には、その病院ごとに様々な性質があります。地方の小さなクリニックなどでは、地域医療を中心とした医療を担当しており、概して、医療施設そのものの建物も小さく、勤務しているひとの人数、看護師の人数も少ないというのが、多くあります。一方で、首都圏にある大規模な病院の中には、1000人以上の人々が勤務するような大病院もあります。このような大病院の中には、大学病院も含まれます。

大学病院というのは、言ってみれば、病院や医療機関のかなでは、比較的特殊な施設の部類に入るといってもいいでしょう。要するに、大学に付属する病院であり、その大学には、医学部や看護学科などがあります。そして、大学病院は、その大学と連携しながら、医師や看護師などの教育機関としての役割も担っている病院なのです。ですから、大学病院に勤務する医師などの中には、大学教授などの肩書も併せ持ち、大学の医学部での講義を、医学部の学生に向けてしているということになります。このような、教育機関としての大学病院があって初めて、医療のレベルが保たれ、そして日々進化するわけですから、非常に重要な位置づけであるともいえます。そして、大学病院というのは、往々にして、規模が大きいことが多いです。看護師の給与を見てみても、平均的な看護師の給与や年収に比べると、高額になっています。

例えば、看護師の平均年収は、女性で474.9万円となっています。しかし、大規模な病院の場合は、大学病院なども含め、その平均年収が、女性の正看護師で、505.1万円となっています。かなり年収平均がいいことが、よくわかると思います。ただし、規模が大きな大学病院などでは、やはり、勤務そのものや仕事の内容も、そして、看護師同士の人間関係なども、複雑になってくるということも言えます。おそらく、大学病院などの大規模な病院は、お給料の待遇面では、もっともいい医療施設であることに間違いはありません。しかし、夜勤などの勤務のハードさや、大病院ならではの人間関係など、小さな病院にはない気遣いが必要になってきます。また、大学病院では、その大学の卒業生などが勤務している場合も非常に多いというのが現実でもあります。

看護師として、どんな医療機関に勤務するのかは、自分でさまざまな情報を集めて、あくまでも、お給料面での待遇だけではなく、勤務内容や、その病院の特徴など、様々なことを調べて自分に合った医療機関、自分のスタイルで仕事ができる勤務先を探すことが大事になります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.