新卒のクリニック看護師

新卒のクリニック看護師

看護師になる為には養成校で学ばなければなりません。養成校はひとつではなく、大学、短期大学、専門学校など色々あります。大学は4年間、専門学校と短期大学は3年間という修業年数になっています。准看護師の資格を持っている人が看護師になる為の2年間コースなどもあります。皆さんもテレビなどで見たことがあるかもしれませんが、看護学校は非常にハードなところです。覚える事も多くテストの範囲も広く実習などもこなさなければならない為、睡眠時間が非常に少なくなってしまう人もいます。「何となく行ってれば卒業出来るでしょ」なんていう生半可な気持ちでは務まりません。卒業をしたら人の命を扱うという非常に責任の大きい仕事に就く訳ですから、多少の厳しさや大変さは覚悟しておきましょう。その試練を乗り越えた者だけが、新卒の看護師としてクリニックや病院に勤める事が出来る訳です。

新卒の看護師が就職する先としてやはり一番多いのは病院でしょう。その次がクリニックなどになるのではないでしょうか。訪問看護や介護老人保健施設などは新卒看護師では少し厳しい面もあるようですね。自分の判断で行なわなければならない看護業務が多い為、ある程度の技術を身につけてから転職などをする人が多いようです。そうなると新卒の看護師が働き始める場所はやはり病院とクリニックにほぼ絞られてきますね。しかし中には新卒でいきなりクリニック勤めをするのは良くないんじゃないか?と考える看護学生もいるようです。なぜそう思うのかと言うと、大きな病院の方が技術や知識を学ぶ事が出来るイメージがあるからです。確かにそれも一理ありますが、新卒はクリニック勤務は出来ないなんていう事は全くありませんよ。

クリニックは地域医療を支える重要な施設です。体調を崩した患者がまず最初に訪れるのは自宅の近くにある個人クリニックだったりしますよね。クリニックは患者にとって訪れやすいとても身近な存在なのです。コミュニケーションを大事にし、地域に根付いた施設で患者さんと向き合う事が理想と考えている新卒の看護師には逆に向いていると言っても過言ではありません。クリニックでも多くの事を学べますよ。自分の看護師としての方向性とクリニックの条件が合っているのなら、積極的にチャレンジしていきましょう。仕事内容もクリニックに勤める先輩看護師が丁寧に教えてくれる事でしょう。過酷な試練を乗り越えて取得した看護師という資格を最大限に活かせる職場を見つけて下さい。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.