治験看護師の求人事情

治験看護師の求人事情

治験とは製薬会社が新薬を開発する際にその新薬が、人に対してどのような作用を起こすのかを調べる検査のことです。製薬会社が開発する新薬は必ず厚生労働省の承認が必要で、新薬を患者さんや健康な人に投与することで、副作用などが起こらないかなどを調べるのです。もし副作用が起きた場合にはその副作用の程度や種別に発現条件などに加えて、新薬の効果の程度や投与の最適量に投与方法なども同時に確かめます。

新薬の治験を行う場合は提携している病院などで行うのが普通ですが、治験者の安全の確保のために病院の医師や看護師に薬剤師の存在が欠かせません。これはもし万が一治験者が新薬の治験で体調で異変をきたした時に、対応できるように法律で定められているからです。これまで製薬会社と病院の担当者で行っていた治験ですが、新薬開発は世界中で盛んに行われていてスピード化が要求されるようになりました。

治験看護師も製薬会社の担当者はCRAと呼ばれ、治験を実際に行う病院側の看護師はCRCと呼ばれています。CRAの治験担当者の仕事は製薬会社の担当者が対応できないことをサポートします。例えば製薬会社が病院に依頼した治験が、依頼した通りに行われているかどうか確認したりするのがCRAの主な仕事になります。

一方CRCは病院の担当看護師で、治験者と連絡を取りサポートをすることが主な仕事となります。これは製薬会社からの依頼で治験を行う場合に、病院側の医師と看護師だけでは対応できないことをサポートします。治験看護師の求人事情ですが、治験看護師の経験がない看護師でも求人はあります。しかし治験看護師の経験者と未経験では、年収もかなりの差があります。

入院患者がいる病院の場合は夜勤があるのが普通ですが、治験看護師の場合はまず夜勤などありません。また平日日勤のみで勤務時間も朝の9時から夕方の18時の病院が多く、一般的な看護師の仕事と比較すると肉体的には楽です。そのため治験看護師の求人案件は人気があります。さらに治験看護師としてキャリアアップができれば、将来マネージャーになる可能性もあります。

マネージャーになれば当然ですが年収もアップし、治験看護師の仕事は社会貢献度も高い仕事だと言えます。それだけに治験看護師の仕事は人気があり、求人案件も早めに採用がきまるようです。もし治験看護師の仕事に興味があれば、看護師専門の転職支援サービスで登録すれば専任のコンサルタントやアドバイザーが非公開の治験看護師の求人案件を教えてくれます。

■ 治験看護師関連メニュー
治験看護師の仕事内容は? 治験看護師の給料・年収 治験看護師の募集先を探すポイント


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.