看護師のキャリアアップ

看護師のキャリアアップ

看護師になろうと決めたときのことを思い出してみましょう。人によって、なにをきっかけに看護師になろうと思ったのかは違うと思いますが、一番最初に看護師になろうとおもったきっかけというのは、仕事を続けていくうえで、とても大事なものになります。そして、看護師を目指して勉強をしていた時、自分は、どのような看護師になりたいと考えていたでしょうか。将来、どのような仕事の仕方をしたいと考えていたでしょうか?そして、いま、仕事をしている職場は、かつて、自分が思い描いていた職場と、どれくらい合致するでしょうか? もちろん、看護師の夢を思い描いて、さまざまな希望を思い描いていたときと比べたときに、夢が100%かなっているという人は、ほとんどいないといってもいいのではないかと思います。現実というのは、それほど簡単に夢がかなうものではなく、常に、何らかの不満や悩みがあるものです。それが、仕事をするということでもあります。

もし、今の自分の仕事や職場に、あまりにも満足していないというのであれば、自分のキャリアアップのために、転職を考えるというのも、一つの方法になります。一つの職場にこだわって、長年勤務することが、必ずしも自分のキャリアにつながるとは限りませんので、もし、今仕事をしている医療機関や病院では、自分の将来は見込めないと思ったら、キャリアアップ転職という方法もあるということを、頭に置いておきましょう。

ただし、キャリアアップのための転職は、やはり、簡単ではありません。たとえば、看護師のキャリアアップというと、一つの医療機関や病院に長年勤めて、部下に当たる若手の看護師を管理する、看護師長などになるというのも、看護師のキャリアアップに一つの方法です。その他、専門看護師として、特別な知識や技術を身につけるというのも、看護師のキャリアアップになります。専門看護師というは、「複雑で解決することがむずかしい問題を持つ個人や家庭、集団に対して、高い水準の看護ケアの技術や知識を持って接する専門的な看護師」のことをいいます。 専門看護師になるには、日本看護協会専門看護師認定試験に合格しなければなりません。ただし、この日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、専門看護師となると、より困難で複雑な健康問題を抱えた人や、家族、地域等に対して、質の高い看護を提供するための知識や技術を備えた特定の看護分野で、「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」の仕事をすることができるようになります。

認定看護師になるには、まず、日本の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許をもっていなくてはなりません。そして、実務経験が5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)が必要になります。これらの条件を満たしていれば、認定看護師教育機関で認定看護分野に応じた認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)を修了し、認定審査(筆記試験)を受けることができます。合格すると、認定看護師になることができます。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.