看護師で復職・ブランク1年

看護師で復職・ブランク1年

看護師はなかなか大変な仕事であるといいうのは一般的にも知られていることです。 離職するにも様々な理由が考えられます。 一番離職の理由で多いのが結婚や出産を機に辞めたというパターンです。これは看護師だけでなく多くの働く女性が体験するのではないでしょうか。 他のパターンでは新卒で就職したけれども、仕事が忙しく身体がついていけなくて離職してしまうパターンです。看護師はタフでないと務まらないといいますが、理解していてもそれに耐えるのは難しいことですよね。 他にも色々あると思いますが、ブランクが1年というのは病院にとっても復職を考える看護師にとっても特に問題にならない期間ではないかと思います。 ちょっと前まで実務についていたわけですから、看護師の勘を取り戻して行くことは難しくはないでしょう。

ではブランクが一年の看護師が復職するのに問題になることはどんな点なのでしょうか? それは、そのまま前と同じような病院を探して勤めても大丈夫なのかという点です。 以前の就業時と現在とでは環境が変わっていることがネックになってはいないでしょうか? これまでとは違う雇用条件で働きたいと思ってはいないでしょうか? また、ブランクについて不安に思ってはいないでしょうか?

看護師をしていたと言っても復職時に以前と同じように働けるとは限りません。 家庭と仕事を両立しないとならなかったり、自分の体力にあった雇用条件でないとまた辞めなければならなくなる可能性が出てきます。 看護師で復職する際は、雇用条件について交渉できなければ病院にも看護師自身にとっても不幸な問題になってきます。

そこでポイントとなってくるのが転職支援サービスです。 看護師の復職について様々な点を見てきたアドバイザーの居るところで相談してみるといいでしょう。復職の際思ってもいなかったポイントを指摘してアドバイスをしてくれるのではないでしょうか。 新卒ですぐに辞めてしまったという場合でも、キャリアプランを考えながら無理のない仕事はどんなものがあるのか紹介してくれることでしょう。

看護師が仕事を探す場合、ハローワーク等で仕事を探す人が多いそうです。ネットは情報を検索し参考程度にする方がおおいそうです。しかし、病院の内情や看護師の仕事についての理解はやはり専門の転職・就職支援サービスの方が詳しいものになっています。 第三者からの視点を取り入れることで、ブランク1年ある看護師の復職もスムーズに行うことができるので転職支援サービスはおすすめです。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.