看護師年収の事例<600万円>

看護師年収の事例<600万円>

看護師になると、数年のキャリアを積んだ後に、年収600万円というような比較的高額な収入も可能になります。まず、一般の事務職などでは、女性が年収600万円というのは、なかなか難しいというのが現状です。ただし、看護師のお給料や年収は、就職した医療機関や病院の規模、民間の病院か、あるいは公立の病院、国立の病院か、また、首都圏にあるか地方にあるのかなどによっても、大きく違ってきます。看護師の中でも、年収600万円というのは、比較的高収入のほうであるということを、頭の片隅に入れておきましょう。

医療機関や病院で、お給料や年収がいいところというのは、おおざっぱにいうと、規模の大きな首都圏にある医療機関ということになります。また、一般的には、民間の病院よりも、公立や国立の病院のほうか、お給料や年収はいいといわれています。そして、高卒で看護師になったか、大卒で看護師になったかによっても、収入は違ってきます。年収600万円というのは、国立の病院や、大きな大学病院などでは、30代前半の年収に当たる場合もあります。

例えば、とある労災病院に勤務する看護師の場合、大卒での初任給は、25万円程度とされています。この25万円の内訳は、基本給が19万円程度、夜勤の手当が4万円程度、そして、そのほかの諸手当が2万円程度となっています。おなじ良妻病院に勤務する、専門学校卒の看護師の初任給では、24万円代となっています。大卒の初任給より、1万円ほど低く、その内訳は、基本給18万円、夜勤の手当4万円、そのほかの手当が2万円となっています。そして、この病院で、5年から10年ほど勤務した場合、年収が500万円から600万円となっています。

もちろん、大学を卒業して、最初の就職で、大きな病院や、首都圏の病院など、希望する医療機関への就職がかなわなかったとしても、転職などで、キャリアアップをして、年収600万円程度の高額な年収を目指すことも可能です。転職の際には、医療機関のある場所、そして、その規模、従業員の人数、諸手当てなどの確認、など、様々な条件をしっかり確認しましょう。最近では、看護師のキャリアアップ転職も、インターネットで簡単にお子なることができます。ただし、自分の望む職場というのは、そううまいタイミングで見つかるというものでもありません。リクルートナースバンクなどの人材バンクに登録して、じっくりと時間をかけて転職先を探すというのも、一つの方法になります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.