40代の看護師年収

40代の看護師年収

女性の社会進出が一般的になった昨今でも、女性で、20代の就職のときから、40代50代と、一つの仕事をし続けるという人は、けして多くはないというのが現状です。一般企業であれば、転職をして、全く違う仕事を始めるということを、働く女性の多くが経験をしているかもしれません。しかし、看護師のように、国家試験に合格し、かなり専門的な分野での経験と知識があるという場合は、勤務先が変わったとしても、看護の仕事という同じ種類の仕事を続けることが可能だという、メリットがあります。

40代の看護師の場合は、例えばその看護師が女性であれば、大きく分けて2つの仕事の仕方があると思います。一つは、20代の初めから、着実にキャリアを積み上げて、40代には、看護師長など、かなり責任ある立場をまかされるという道です。約20年もの勤務実績があり、看護師長ともなれば、医療現場の技術的なことはもちろんのこと、新人看護師の教育や、担当部署のシフトの管理、看護師全体の人材管理、部下でもある若手看護師たちの能力評価や、職場の雰囲気作りなど、医療に関すること以外にも、目を向けていかなければいけないという状況になります。もし、看護師の勤務先としても、もっとも高額なお給料である、大規模病院や、国立病院などの看護師長などの場合は、年収は700万円以上ということになります。ただし、先にも述べたように、非常に責任のある立場でもあり、経験年数に合わせて、様々な仕事を受け持つことになります。ただし、これは、キャリアアップを続けた場合の40代となります。

看護師の世界は、近年では、男性増えてきてはいますが、まだまだ9割以上の看護師は女性という、女性が多い職場でもあります。女性の場合は、30代から40代にかけては、出産や子育て、あるいは夫の転勤など、生活がさまざまな点で変化しやすい時期でもあります。一時的に、看護師の仕事から離れるという方もいるでしょうし、あるいは、勤務時間を減らして、看護師のパートをするという方もいることでしょう。その場合は、高額な年収は無理としても、資格を持っている限りは、看護師の再就職は、かなりの件数でありますので、比較的再就職がしやすい職業となります。ですから、40代の女性看護師の場合は、自分のライフプランに合わせた仕事の仕方を選ぶというのが、大きな分かれ道になると家います。また、看護師であれば、その選択ができるというのも、大きなメリットです。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.