30代の看護師年収

30代の看護師年収

看護師は、その勤務内容や、勤務体制などを考慮したときに、非常にハードな仕事で、毎日激務が続くともいわれています。しかし、20代で、看護師の仕事に慣れたとしたら、30代に、さらにキャリアアップを目指すことが可能になってきます。そして、キャリアをつめば、それだけ、お給料にも反映されてくるといえます。

もっとも、看護師のお給料は、勤務する医療機関や病院の規模、あるいは、民間の医療機関なのか、公立や国立の医療機関なのかといったこと、あるいは、首都圏の医療機関なのか、地方の医療機関なのかといったことも、大きく関係してきます。たとえば、もっともお給料が高額といわれている、首都圏の国立大学の病院に、20代の前半で就職し、順調にキャリアを積んでいったとします。その場合は、おそらく、就職した年の年収が、おおよそ450万円で、20代の後半から、30代にかけてというのは、おおむね、600万円から700万円ということになっているのではないでしょうか。もっとも、この金額は、看護師のなかでも、かなり高給のかたの事例となりますが、現実的には、こういうキャリアアップも可能といわれています。ただし、公立や国立の看護師の場合は、民間の医療機関とは違い、看護師の国家試験のほかに、公務員試験に合格して、初めて就くことができる仕事でもありますので、けして、簡単にその地位を築くことができるというものではありません。10代の後半から20代の前半にかけて、しっかりと勉強をし、確実に知識をつけ、看護師の国家試験と、公務員試験をパスすることができれば、30代では、ほかの看護師以上の高報酬も期待できるということです。

民間の医療機関で、小規模の地方の看護師の場合は、30代でも年収400万円台ということもあります。ただし、考えようによっては、自分にあった勤務先で、自分にあった仕事の仕方などを考慮すれば、必ずしも、年収600万円〜700万円という高収入は、魅力には感じないという人もいるかもしれません。それぞれの仕事の仕方や、それぞれのライフプランがありますので、年収の数字だけに左右されるのではなく、10年後の自分自身の生き方なども思い描いてみるといいかもしれません。また、20代や30代では、女性の場合は、結婚、出産、育児と、大きく生活が変わる世代でもあります。こういった生活の変化に対応しながら勤務先を探すということも大事になります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.