20代の看護師年収

20代の看護師年収

看護師の給料は、一般的には、非常にいいとも言われています。一方では、非常に激務が続き、なおかつ、日勤と夜勤をこなさなくてはいけないため、プライベートな時間の、自分の生活をコントロールする必要があるなど、非常に大変な仕事でもあります。

看護師になるには、高校の看護学科などを卒業し、看護師になるという道のりと、大学の看護学科などで麻場に、看護士の国家試験に合格して看護師になる場合などがあります。いずれにしても、おそらく、20代の前半に看護師になるという人が多いことと思います。

看護師のお給料は、一般的に高給であるとは言われていますが、看護師のお給料にも、いろいろあるのが現実です。まず、高卒で看護師になったという人と、大卒で看護師になったという人では、初任給に、差が出てきます、高卒で看護師になった人の場合は、おおむね18万円程度の初任給で、大卒で看護師になった人の場合は、初任給は、だいたい20万程度といわれています。ただし、この初任給も、あくまでの目安で、首都圏の大病院に勤務するのか、あるいは、地方の小規模な病院に勤務するのかによっても、お給料は違ってきます。初任給や基本給が違ってくると、その後の20代のお給料にもだが出てきます。

一般的に、どのような仕事でも同じことが言えますが、勤務を続ける年数などによって、初任給から徐々にキャリアアップと同時に、お給料も少しづつ増えていくことになります。ただし、経験を積めば、その分お給料は上がりますが、仕事内容も責任も増えてくるというのが、どの仕事にも言えることです。

ただし、看護師の仕事というのは、歩合制の営業職などとは違い、飛躍的に20代のうちに、お給料が上がるということは、まずありません。ですから、高収入を目指すのであれば、おのずと、初任給がいい医療機関を探して、就職活動をするということになります。 一般の事務職であれば、20代のお給料というのは、20万円に届かないという会社も、多くあると思いますが、看護師の場合は、中規模の医療機関や病院であっても、20万円以上の初任給であったり、小規模の医療機関や病院であっても、20代のうちにそこそこ満足いくお給料をもらうことができるという職場も、多いというのがいいところでもあります。

大規模な医療機関や病院の場合は、新人看護師で、年収450万円程度というところもあります。そして、20代にキャリアを積み、30代になる頃には、600万〜700万円という病院もあります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.