看護師年収の事例<1000万円>

看護師年収の事例<1000万円>

看護師は、一般的に、高給な仕事とも言われていますが、一方では、非常に激務が続く、大変な仕事でもあるということがいわれています。高給な仕事といっても、看護師の収入や年収というのは、いくらくらいなのか、なかなか想像がつかないというのが実際のところではないでしょうか。医療機関や病院は、非常に身近な所にたくさんあり、日本全国、どんなに小さな町に行っても、医療機関や病院がない町などは、まずありません。そのすべての医療機関で働く看護士が、全員高給のお給料をもらっているかというと、必ずしもそういうわけではないというのも、現実です。

しかし、一方では、一般企業に勤務する女性は、なかなか手の届かない、年収1000万円というような、非常に高額な年収を獲得している看護師もいるといわれています。年収1000万円といえば、医師のお給料ではないかと思ってしまうほどの高額な年収ではありますが、実際に、看護師で、これだけの年収を獲得している人もいるのです。

まず、医療機関や病院の中で、もっともお給料の待遇がいいのは、大規模な病院で、なおかつ首都圏など大都市にあり、そして、公立や国立の看護師ということになります。ただます。たとえば、大規模な国立病院の看護師長クラスの責任ある立場の年収ということになります。

看護師長ともなれば、その人柄などで、職場の雰囲気が大きく変わるともいわれているほど、病院全体の印象を左右しかねないような、大事なポジションになってきます。もちろん、看護師という職業について、必ずしも看護師長などのようなポジションへのキャリアアップを目指す人ばかりではありませんが、もし、看護師としての自分将来のことを見据えたときに、自分が今勤務している医療機関や病院では、満足できないというのであれば、将来のことを考えての、キャリアアップ転職というのも、一つの方法になります。

これまで、看護師として仕事をしてきた経験を生かして、ぜひ、転職の際には、自分の希望に合った職場を探し出したいものです。もちろん、昔も今も、転職活動というのは、けして楽ではありません。じっくりと時間をかけて、自分の希望に合った勤務先を探すためにも、まめに求人情報をチェックすることが大切ですが、最近では、リクルートナースバンクなどの、看護師専門の人材バンクに登録し、キャリアアップ転職のチャンスを絶対に逃さないというのも、一つの方法になります。


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2015 看護師転職サイト777 All Rights Reserved.